2021.01.24

■□ お知らせ ■□

ローマナビネットはイタリア個人旅行をサポートします


イタリア個人旅行計画中の方、ご相談ください
  私がコーディネートします。サイトは こちらです。
   ■ ローマナビネット= romenavi@gmail.com


イタリアのホテル予約80%引きは こちら 
イタリア中のホテルが特割ですぐに予約できます。


■こちらに掲載の画像・テキストなどの全部または一部を無断で複写することを堅く禁じます
   提携、取材、コーディネート、各種サポートご希望の方はご連絡ください。

Posted at 05:04 | ご挨拶 |
2017.02.27

ローマから日帰りツァーはオルヴィエートがお薦め

オルヴィエートはローマから急行で70分、
ローマの喧騒を離れて中世の石造りの街並み
イノシシ肉、チーズ、ワインが名産
ワイナリー見学や天空の町をプラスした
日帰りプランも人気です。


or1_20170218132321344.jpg
オルヴィエートの丘からの絶景の眺め
周囲は葡萄畑、オリーブ畑に囲まれてます。




0R5.jpg
オルヴィエート駅からケーブルカーで大聖堂へ昇ります。
心、ウキウキしてきます。中世の町へ




OR4.jpg
オルヴィエートの古い家々の街並みは美しいです。
瓦屋根って癒されます。
この街の景観を少しでも壊すことは禁止です
景観保護条例はとても厳しく護られてます。




or3_201702181323240d1.jpg
町のお祭りには村々の旗をかかげて祝います
中世時代から続く伝統です。




or2_20170218132322837.jpg
オルヴィエート大聖堂 
大聖堂内のフレスコ画、ステンドグラスは見ごたえあります
イタリアで一番美しい丘として称えられてます。

ローマ発:日帰り/半日プラン人気コースです
ローマナビネットがご案内します。

2017.02.24

お薦めのイタリア高級食材のおみやげ

イタリア旅行のおみやげ、バラ撒き用のチョコレートは
スーパーでBacciチョコレートでよいかもしれないけど、
日本の留守宅で美味しいイタリアンを食べたいって
楽しみに待っている友人や家族には、イタリア食材がお薦め。


あんちょび (2)
ポルチィーニ・キノコの缶詰
乾燥したポルチィーニキノコを買い求める方は多いですが
この缶詰はお薦めです。
すでにクリーム状に調理してますので、パスタやリゾットに和え塩胡椒で
味を調えるだけ、本場顔負けのポルチィーニタップリ料理ができます。
ポルチィーニは日本では稀少で高価な食材です。



あんちょび (1)
アンチョビ(カタクチイワシの塩漬け)オリーブオイル漬け
アンチョビは日本では高級食材です。
アンチョビはパスタソース作りに便利、少し入れるだけで南イタリア風に
ピザに少し入れればナポリタンになります。
瓶詰は運びにくいからと缶詰を選ぶ方もいますが
瓶詰の方が健康によいです。 大瓶を購入しても日持ちします。

スカモルツァ・アッフミカータ(燻製チーズ)はビールに合うチーズ
リーズナブルな値段なのでチョコより喜ばれるかも。
天然日干し塩やドライトマト、オリーブオイルも余裕があればお薦め



ローマの朝市見学、スーパーお買いものサポート
ローマナビネットにお任せください。


2017.02.22

2月22日は猫記念日

2 22=ニャン、にゃん、ニャンの2月22日は日本の猫記念日です。
イタリアは2月17日だそうです。
イタリアで出会った猫たちをご紹介!




neko2.jpg
アレッツオの友人の茶トラ猫、近所で産まれていたそうです。





ねこ4
オルヴィエートで雨の中、闊歩していたサバトラ猫
私と一緒に暮らしていた猫たちもサバトラ猫
外猫は逞しいですね。
猫のオリジナルはこのサバトラ、キジトラ猫たちです。
ヨーロッパでもっとも多い猫です。


nek1.jpg
天空の町チビタディバニョレッジョで出会った猫
ノンビリと寛いでました。




ねこ5
オルヴィエートの丘で見かけた猫
愛猫ジローに似ていて思わずシャッターを切りました。
自然の中で何も心配なく自由に生きることができたらいいよね。


Posted at 09:44 | 猫たち | COM(0) |
2017.02.20

モンタルチィーノドライブのお薦め

モンタルチィーノは赤ワインの産地の町として有名ですが、
世界遺産のオルチャ渓谷やピエンツァの町など
必見の見所が周囲にあり、自然、史跡、巡りなど
楽しむことができます。
春の始めは麦の芽が一斉にでて丘陵が緑一色に
染まりもっとも美しい季節を迎えます。



m9o1_2017021909322389d.jpg
世界遺産オルチャ渓谷
まるでビロードの絨毯のよう、厳しい冬を乗り越え
新芽が次々に生まれる春の始めの頃は感動的に美しいです。




montal3.jpg
モンタルチィーノの街並み、
中世時代の石造りの家々が残り、散策していても楽しいです。
イタリアの古い町は郷愁が漂い懐かしさを感じます。
トスカーナ料理店やリーズナブルなピザ屋もあります





montal2.jpg
モンタルチィーノ周辺の葡萄畑
イタリアでもっとも美味しい高級赤ワイン・ブルネッロディモンタルチィーノ
太古の昔は海だった土地はミネラル豊富で、クオリティの高いワインが生まれます。




montal1.jpg
モンタルチィーノの町にはワイン専門のエノテカ(酒屋)が並んでいます。
ワイナリーで買うよりも安いエノテカもあります。なぜ?ワイン評価が出る前に
大量に青高いするそうです。ワイナリーで在庫切れの高評価のワインを探せることも
高級ワインをまとめて買うと送料をタダにしてくれるエノテカもあり、お得で楽しいです。





montal4.jpg
モンタルチィーノの町を俯瞰してみました
映画のセットみたいに中世の町はそのまま残ってます。

ローマ発:モンタルチィーノドライブ(+ワイナリー見学も)
ローマナビネットがご案内します。
2017.02.18

イタリア料理レッスン本格派

イタリアの各地で料理レッスン、南イタリア、ヴェネチィア&
ローマ、トスカーナでイタリアンをがっつり学ぶ
せっかくのイタリア旅行、楽しい思い出作りをしましょう。



14656322_1242269372513455_6351245362751990814_n.jpg
南イタリアのアグリツーリズモの石釜で本格的に焼くピザ
ピッザイオーロ(ピザ職人)より学ぶ、貴重な体験ができます。



P6073113.jpg
トスカーナのアグリツーリズもにて
手打ちパスタはイタリア料理の基本
難しそうで以外に簡単で楽しいです。






co2.jpg
ローマでは手打ちパスタ専門のレッスンです。
お客様のリクエストに応じて作ります。
今回は下記のメニューです。パスタ3点+ドルチェです。
・ホウレン草入りニョッキ、クリームソース和え
・オレキエッテ(耳たぶ型パスタ)の季節の葉菜和え
・ タリアテッレのフレッシュトマトソース和え
生パスタは小麦粉の風味が映えます。
ソースは軽めの方が合います。



unnamed.jpg
ヴェネチア名物イカスミソース和えを作ります。
ヴェネチアの離島,パステルカラーの可愛い家々が運河に映え
美しブラーノ島の民家で、イカスミソース和えパスタ
レストランで食べるより何倍も美味しいです。



20161104DSC_0027.jpg
トスカーナの中世の町並びが美しいアレッツオ
本格的なトスカーナの家庭料理レッスン
ガッツリ肉料理を食べたい方にもお薦めです。

イタリア料理は少し基本を教えてもらうだけで
応用が簡単でレパートリーを増やすことができます。
せっかくのイタリア旅行、料理レッスンお薦めです。

詳細はローマナビネットまでお問い合わせください。




2017.02.16

ローマの夕暮れ

ローマは夕暮れ時が美しいです。
観光を終えホテルに戻る少し前
町の灯りがともる頃の散策がお薦めです。

P5130176.jpg
ヴァチカンのクーポラがイルミネーションに浮かび上がるころ
テーヴェレ川の欄干の灯りが川面に映り美しいです。


P5130144.jpg
テーヴェレ川の畔の散策もお薦め





P5130152.jpg
空がどんどんと暮れ雲は家路へと急いでいるようです。





P5130158.jpg
トラステーヴェレ地区のピザ屋、
数百年前は馬小屋でした。


ローマの街散策- ローマナビネットがご案内します。
Posted at 10:36 | 散歩道 | COM(0) |
2017.02.13

美味しいオリーブオイル

オリーブオイルはヘルシーで美味しい..とブームですが
オリーブオイルはピンキリの差が激しいです。
産地で買うと高いけど、スーパーなら半額以下...どうして?って
簡単に言えばホンモノとニセモノの差が値段の差です。
ワインと似てます。劣化しやすく鮮度を保ちにくい
大半のサラダオイルはタネで作りますが
オリーブオイルは実を絞ります。


PA200032_2017021310413602d.jpg
オリーブの収穫は10月後半~12月頃、
地域により差があります。雨の季節に入る前に収穫したいです。
高級オリーブオイルは手摘みをしますが
枝を機械で揺さぶり実を下に敷いた網に落とします。
オリーブを収穫してから素早く油に搾らないと劣化します
収穫量の少ない畑は、他所の畑のオリーブと一緒に圧搾します

20100205181026b5e_20170213125133eb2.jpg
古代エトルリア時代のオリーブオイル圧搾跡
(天空の町チヴィタディバーニョレッジョにて)
凡そ2000年以上前からオリーブオイルを作ってました。
古代はロバに丸石を廻させオリーブを絞ってました。
今でも石臼で絞る圧搾所もあります。



PA200024.jpg
オイル用のオリーブは食用と比べ小粒です。
オリーブは天候に大きく左右され夏の気温が低かったり
雨の多い季節は不作になります。



P6062970.jpg
南イタリアの方には樹齢1000年を超えるオリーブの樹があります。
こちらはトスカーナ(アレッツオ郊外)のオリーブの樹の老木です。



P6063008.jpg
アレッツオのオリーブオイル圧搾工房にて
アレッツオはクオリティの高い美味しいオリーブオイルで有名です
産地ではティスティングもできます。 
同じ年のオリーブでも味は様々、香り、味、お好みを選べます。
イタリアでも生産業者から直接買わないと、品質の高いオリーブオイルに
出会うことは難しいです。

オリーブオイル工房見学 、ローマナビネットがご案内します。

2017.02.11

絶景!銀閣寺の雪景色

今年の京都は雪が多いです。時々、思い出した様に降る雪は
京都の冬景色を美しく装います。
昼迄には溶けてしまう雪だから儚く美しいのでしょう。
雪景色の銀閣寺を撮ってきました。 



IMG_0095.jpg
真っ白な銀閣寺は清楚で気品があります





IMG_0106.jpg
松の枝に雪が積もり、寒そう。。





IMG_0067.jpg
境内の雪に埋もれた銀沙灘も見事な美しさです。





IMG_0089.jpg
京都の町がホンノリと雪に覆われました。





IMG_0109.jpg
開き始めた椿が赤々とより美しい




IMG_0063.jpg
琵琶湖疏水 -哲学の道 
次に訪れるのは桜の咲く頃でしょうね。

2017.02.10

絶景の天空の町へ

秘境-天空の町=チヴィタ・ディ・バーニョレージョは映画や旅行番組で
日本でも知名度がアップしました。イタリアではCMで人気になりました
中国からはイタリアの万里の長城として団体が押し寄せてます。
チヴィタ・ディ・バーニョレージョは四季ごとに変化する景観も楽しみです。
  



temk1.jpg
春先に温もり始めた頃、霧の発生する日が多くなります。
アンラッキーだと、天空の町は濃霧で覆われ真っ白になります。
写真一枚も撮ることができない残念なことも。
チョーラッキーだと霧の中に浮かぶ天空の町のファンタジックな写真が撮れます。




tenk2.jpg
天空の町へは急こう配の橋を昇ります。たいへんですが登った甲斐はあります。
数百年前の街並みや、数千年前の住居跡、厳しい風雨で浸食された自然の
景観などをイタリアの他の町とは少し違った風景を楽しむことができます。




tennkuu1.jpg
3月頃には桜に似た野生のアーモンドの花が咲き始めます。



P7212015_convert_20140722031958_2017021008570518b.jpg
夏から秋は激しい雷雨に見舞われることも、
風雨が強まると傘を拡げることもできません。
びしょ濡れ覚悟です。風邪ひかないように・・・・・。



P9034027_convert_20150904211359_20170210084333c47.jpg

ローマ発-天空の町=半日プランが人気です。
ローマナビネットまでお問い合わせください。