2016.02.26

日本で聴いた講演会

今回の日本滞在はジロー(愛猫)が環境に慣れるまでとゆっくり滞在でした。
滞在の合間に講演会にでかけて海外からでは聴くことができない
ナマの声を聴きました、百聞は一見、直接目の前での拝聴は
熱気ムンムンでインパクトがあります。
一つの目的で多くの方が共鳴するって勇気が湧きます。
3名の講演会の模様をご紹介。 ↓




P2242186_convert_20160226165853.jpg
東京・上野の東京都美術館で行われたトークショー
『石坂浩二と楽しむボッティチェリ展』です。
約50分の時間でボッティチエッリの代表作から
講演内容は こちら から動画を見ることができます



01.jpg
「美しきシモネッタの肖像」 1480~85年ごろ 丸紅株式会社蔵

展覧会の目玉です。丸紅所蔵のため一般の方は観ることはできません。
日本で唯一所蔵しているボッティチエッリの作品です。
絶世の美女と称賛されたシモネッタ(下ネタではありません)
ブロマイド変わりに何枚も彼女の肖像画は描かれました
この肖像画が一番美しいです。
石坂さんは右向きに特徴があるとのことです。
石坂さんは美術館で多くの名画を鑑賞することは素晴らしいけど
自分の好きな絵を一枚だけ観る贅沢も必要ですねとのことでした。




P2202183_convert_20160226170125.jpg
京都大学での講演
左:元朝日新聞記者=吉竹幸則 /右:元TBS報道記者&宇宙飛行士=秋山豊寛
「表現の自由」と「マスメディアの弾圧」がテーマでした。
秋山さんの話はたいへん分かりやすく、迫力と情熱を感じました。
「怯んではいけない、萎縮してはいけない」と熱弁をふるってました。


P2132159_convert_20160226170239.jpg
同志社大学今出川キャンパス明徳館にて
「憲法と民主主義を考える」石川健二
=東京大学大学院法学政治学研究科・法学部教授
「現代憲法学の鬼才」とも評される凄い方です。
日本国憲法の歴史と憲法を支え護った歴代の
大学教授たちのお話、憲法の大切さを学びました。

イタリアに長ぁ~く暮らしていると浦島太郎状態で
思考停止、能天気になりがちなので、
日本で各分野で活躍している一流の方達の
お話を拝聴するのはとっても刺激的で脳内活性化に
効果的です。 頑張らなくちゃね!まだまだ。
Posted at 10:20 | 未分類 | COM(0) |
2015.09.28

世界で最も美しいもの- -「憲法イズ・ビューティフル!」

2度ほどアップしていますが、今こそ私たちが考えてみる足掛かりとして再アップです。
イタリアのアカデミー俳優ベルニーニは国営放送で
「世界で最も美しいもの」として演説しました。
貴方にとって世界で最も美しいものとは?

20141227104935329_20150928134239202.jpg
朝日新聞2013年6月28日朝刊より

特別番組「世界で最も美しいもの」。観客500人の前に出たのは
ロベルト・ベニーニさん(60)ベニーニさんは特番に先立つ取材で語った。
「私たちの憲法は美しく、生きている。そしてまだ若い」1948年施行の
イタリア共和国憲法の1~12条は、改正対象にしてはならない「基本原則」と
定められている。

mmmm1.jpg


「私たちの憲法は美しく、生きている。そしてまだ若い,,,,イタリアに住むものは、
ウサギだって戦争を絶対に放棄するということだ,,,,」
イタリア憲法は11条(戦争放棄)を含め1~12条は「改正対象」にしてはならない
「基本原則」が定められている。
憲法の敵は2つ存在する。一つは政治に無関心な事。
政治が国民の生活をよくする、だから政治を愛さなければならない。
もう一つは選挙に行かない事。投票権を私たちが得る為に沢山の人たちが
犠牲になっている。投票することによって唯一変えられる。
一人一人の票は想像つかない程大きな力を持っている。」



講演の動画です。イタリア語ですが、楽しいです。

ベニーニさんは番組で1条からわかりやすく語り起こした。
戦争放棄をうたう11条については「ほかの条文は主語が『共和国』だけど、
これだけは『イタリア』で始まる。つまりイタリアに住む者なら誰だって、
戦争を絶対的に放棄するということだ」熱弁は2時間。
平均視聴率は43.9%を記録した。
Posted at 06:17 | 未分類 | COM(0) |
2015.09.11

9月に入ってから

9月に入り朝晩は急に涼しくなり窓を少し開けて
寝ていましたら風邪を引いてしまいました。
風邪を引いたのは3年ぶり
2日間ほどルルを飲んで爆睡しました。
不思議なもので2日間何も食べなくても体重は落ちません。
しかし、胃が縮まったのか、量が減りました。
このままダイエットしょう。



P9094048_convert_20150911124949.jpg

夏休暇を終え兵舎に戻る若者たち
イタリアは2005年に徴兵制を廃止しました
*ベルルスコーニは、世界で大ヒンシュクをかった首相でしたが
在籍中に、徴兵制の廃止、 脱原発(まだ解体はしてませんが)の
2点はよいことをしています。

徴兵制はなくなりプロの軍人か志願兵です。
イタリアの失業率は高く25歳未満では29%です。
スーパーのレジ打ち、郵便局、銀行の窓口対応など
老眼鏡が必要な年配者が働き若者の働き場は少ないです。

必然的に公務員になるのが手っ取り早いですが
強力なコネが無いと難しいです。
仕事の選択が限られると生きるのは厳しいです。
手っ取り早く軍人を選ぶ若者も多いです。
徴兵しなくても国が貧しければ集まるという算段。
イタリアは北大西洋条約機構の加盟国です。
イラク、アフガンでもどこでも参戦しています
その度に戦死の悲報がニュースの話題になります。


Posted at 05:53 | 未分類 | COM(0) |
2015.06.26

ローマの公務員のみなさん

P6173172_convert_20150625223546.jpg
モヒカン刈り&刺青のお兄さん ......なんの職業でしょう?
ローマ市営バスのドライバーです。
スピード出し過ぎちゃんじゃないのって心配になります。


P6213181_convert_20150625223426.jpg
兵隊さん、お仕事の前に甘いものを補給
ジェラ―トが美味しそう


P6163144_convert_20150625223727.jpg
ローカル電車の運転手さん
運転席は冷房が無く、暑そう、ちょっと一息


P6123141_convert_20150625223905.jpg
憲兵(国家治安警察)も仕事が終わればフツウのお母さん
幼稚園に二人の子供を迎えて夕飯の仕度です。


P5292915_convert_20150620123124.jpg
古代博物館のチケット売り場のお姉さん
ヒマそうで彼氏に電話中?

イタリアの公務員って人間らしいです。
以前、警察へ滞在許可更新にオフィスへ訪れた時
「私たちの給料は000ユーロの薄給です。
皆様のすべてのご要望には応えられません。あしからず」と
他の国の同職業の給与比較をグラフにして大きく貼ってました。

Posted at 02:11 | 未分類 | COM(0) |
2015.04.17

ローマの地下鉄で見た愉快?な若者たち

私はローマ中心を走る地下鉄A線はほとんど利用しませんが
近郊を走るB線は時々利用しています
地下鉄B線は地上駅が多く、閉所、暗闇が苦手な私には楽です。
そんな地下鉄でカワイぃ若者たちを目撃
次から次にオカシナ若者が乗車してきたので驚き

P4111926_convert_20150417085425.jpg
牛乳のCMのキャラクターの仮装かしら...


P4111929_convert_20150417085714.jpg
3名だけだけどビートルズかな
手作りギターがカワイイ


P4111913_convert_20150417085101.jpg
劇画のキャラクターかしら?
拳銃まで携えて近寄りがたい
日本だったら凶器所持XX罪で捕まるかもよ

どこかで大がかりな仮装パーティがあるのでしょうね
あまりお金をかけないで自由な発想で
なりたい自分になりきってみる!若者らしい
私は昔むかし、ローマに赴任した頃
いきなりカーニバルの仮装パーティに参加になり
白鳥の頭をまたいだバレリーナになったことがあります。
......それ以後、バレーを観るのは少し苦手 。。。

Posted at 09:41 | 未分類 | COM(0) |
2015.04.05

ローマの子供たち

ローマでみかけた子供たちを撮ってみました。

P4021728_convert_20150403021842.jpg
トラステーベレにて
大人チックな雰囲気のある二人でした。

P4011687_convert_20150403022232.jpg
カンピドリオの丘にて
何かの祝典に各国の在ローマの子供たちが
故郷の国旗を持って集まっていました。


P4031785_convert_20150404010427.jpg
サンタマリ・イン・トラステーベレ広場にて
シャボン玉をつかまえようと遊んでいます。

どれだけの大人が子供たちに「明るい未来が待っている」と
確約できるのだろう? 
子供の時代だけ自由に無邪気に遊んでいねてって思うのだろうか?


Posted at 02:06 | 未分類 | COM(0) |
2015.02.21

ローマの「イカノオスシ」って。

日本で幼児誘拐、殺害などの被害が増えていますね
先日の群馬県幼児誘拐が未遂で終えたのは
学校の「イカノオスシ」教育が行き届いていたからだと。
「いかのおすし」ご存知ですか?
いかない、らない、おごえをだす、
ぐにげる、らせる.....の頭文字です。

こども (1)

イタリアは12歳以下の幼稚園、小中学校は親が責任もって
送り迎えをしなければなりません。
共稼ぎで難しい場合は祖父母などに頼むかベビシッターを
雇うことになります。
親の負担はたいへんですが、学校への行き帰りに子供と
話をしたりスキンシップを高める良い機会ではと思います
私は時々帰国した時、夜間なのに子供たちがウロついている
日本に驚きます。塾や稽古事、クラブ活動の帰りでしょうか?
ローマでは15才以下の子供が夜に単独で歩いていることは
ありえません。
日本が安全と言えない時代、考え方も変える時ではと思います。
Posted at 22:04 | 未分類 | COM(0) |
2015.01.31

ローマでは漢方で治す

イタリアは医薬分業で病院で処方箋を書いてもらい
薬局で薬を購入します。
注射は薬局で注射器を買い自分で打つのです
しかし、私はどうしても自分の体に針を刺すという
自虐的なことはできず、知り合いのイタリア人に頼みます
イタリア人は慣れているのかサドなのか平気でブッスと刺します。
西洋式医療では完全に治らないこともよくあります
そんな時は中国人の診療所で診てもらい鍼をブツっと10か所くらい
頭のテッペンからつま先まで刺してもらいます、マゾではありません。
西洋医学と中国医学の大きな違いは
西洋(日本も含む)は止めること、痛みや熱を止めて応急処置をする
中国は出し切ること、熱を出しきる、痛みを出す、体から毒を出す
自然の理に適った治療は原始的すぎる方がよいのかなと思ってます。

PC040079_convert_20150131132024.jpg

中国人医師に処方箋を書いてもらい、中国専門の薬剤師のいる薬局で
調合してもらいます。既製の薬ではなく、漢方薬を調合します。
10種を超える薬草 根,種などを混ぜで日数分を用意してくれます。
これを1時間ほど煎じて飲みます。涙が出るほど苦いです....良薬は。
速攻性は少ないですが、治癒力は強いです。

郷に入って無理して郷に従うより自分に適合させる方が楽になれます。

Posted at 05:52 | 未分類 | COM(0) |
2015.01.17

ローマの警官85%がズル休みって、イタリアらしいなぁ

少し古い話題になってしまいましたが

大みそかの雑踏警戒など担当のローマ市交通警察905人のうち、
約85%にあたる767人がズル休みだって、すっごいなぁ
お腹が痛いとか、調子が悪いとか、子供みたい
ゴミ回収作業員やバスの運転手もだって・・・・・・・・

詳細の讀賣新聞掲載記事はこちら

P1010591_convert_20150118094513.jpg

申請を認める上司もお休みだったりして....
欠員を補充しなかった警察もすごいな
大半の方は「エーッ、イタリアって」って思うかもしれませんが
私は実に人間的で正直だと思います。
誰だって大晦日は家族と過ごしたい、恋人と一緒にいたい。
でもね、結果的に85%の警察官が休んでいても
大きな事故、事件は起きなかったのだから
いかに余分な警官が多いということでもあると思います
自分たちの存在意義を自らで消している。

P1010584_convert_20150118094409.jpg
こちらはスペイン広場前で元旦に行われた軍楽隊(主に警官)のパレ―ド
こういうお祭りの参加は欠かさないのもイタリア人。

アモーレ(愛), カンター(歌)レ, マンジャーレ(食べること)
の三つがイタリア人にとっての最大の関心だそうです。
平和が続くことを祈ります。

Posted at 14:51 | 未分類 | COM(0) |
2014.11.19

高倉健とローマ (更新)

ローマ・ヴェネト通りの近くにジャスミンというチャイニーズレストランがありました。
店内にはオーナーと高倉健が並んでいる二人の写真がかかっていました。
しかも高倉健のサイン入りで、「どうしたの?」って尋ねたら
ローマに来た時には必ず寄ってくれる。
一緒に写真を撮ってくれて、次に来た時にはサインをした写真を額に入れて
持ってきてくれたんだと自慢話をしていました。

PB191894_convert_20141120051749.jpg
このイラストは福山小夜作ですが、上記のチャイニーズレストランのオーナーから
いただきました。オーナーが高倉健から直接いただいたそうです。
もしかしたら高倉健さんの指紋がついているかも。

私は高倉健が好きで網走番外地などの任侠映画から最後の作品「あなたへ」まで
大半の作品は見ています。敬愛する俳優です。
寡黙だけど、とっても温かい、不条理と闘う静かな熱情が好きでした。

高倉健

下記、日経新聞に掲載された高倉健の記事の抜粋です。

絶対に負けない
(3.11の震災に直面し)
それまで信じていたものが足元から崩れ、暗闇に突き落とされたような想い。
終戦の時に似た絶望と寂寥が、私の胸をおおっていたのです。
 2010年の秋にオファーを受けた「あなたへ」の出演。
すでに具体的な動きが、始まっていました。しかし、俳優に何ができるというのだろう?
 自分の中に生まれた問いかけが、暗雲のように体中に広がっていきました。
....そんな弱りかけた気持ちに、ビシッとムチを入れてくれたものがあります。
それは、雑誌に掲載されていた一枚の写真でした。
イタリアにお住まいの作家の塩野七生さんが、現地の週刊誌に
載っていたと紹介している写真でした。

少年の写真


気仙沼の被災地のがれきの中を歩く少年の写真を「あなたへ」の台本裏表紙に貼りつけた 
気仙沼の被災地のがれきの中を歩く少年は、避難所で支給されたものでしょうか?
袖丈の余るジャンパーにピンク色の長靴をはいています。両手には一本ずつ、
焼酎の大型プラスチックボトルを握っています。彼は、給水所で水をもらった帰りなのです。
その水を待っているのは幼い妹でしょうか?
 年老いた祖父母なのでしょうか?
 私の目をくぎ付けにしたのは、うつむき加減の少年のキリリと結ばれた口元でした。
左足を一歩踏み出した少年は、全身で私に訴えかけてきます。

 「負けない。絶対に負けない…」

 私は、その少年の写真をB5版のサイズにしてもらいました。映画の台本の大きさです。
「あなたへ」の台本の裏表紙にその写真を貼りつけた時、胸の奥からほとばしった熱情。
クランクインは、数日後に迫っていました。
(撮影中、毎日、この写真を見てたそうです)

(11月20日付)東京新聞社説より~抜粋

銀幕で見る高倉健さんは、いつも寡黙で不器用で、でも愚直に筋を通し
心の奥底に優しさを秘めていた。わたしたちは、
時に見失いそうになる日本人らしさを銀幕の健さんに見ていたのだろう。

わたしたちは、ともすれば時代の流れの中で見失いがちな日本人らしい倫理観、
美徳を思い出すため、銀幕の健さんに夢中になったのかもしれない。
為政者が日本の美徳、道徳を持ち出すと、時に、うさんくささや危うさが付きまとうが、
健さんに見る日本人らしさには、皆が率直に共鳴できたのである。
世の中がギスギスしているときには、健さんの真っすぐさを、
また、思い出そうではないか。日本人らしさを見失ったら、
健さんの背中が泣くにちがいない。

本日22/Novの毎日新聞より
中国の著名な男性俳優、孫淳(そん・じゅん)さんと
男性作家の王斌(おう・ひん)さんの連名による花束が贈られ
「死去の報を聞き、涙が流れます。私たちの世代は、あなたの影響を受けて成長しました。
出演していた映画は私たちの人生の一部分です。またいつか天国でお会いできると思います
その時まで、私たちはあなたの高貴な精神の追随者です」と
書かれたメッセージも添えられていた。

多少ともローマと縁があってよかったです。
Posted at 02:28 | 未分類 | COM(0) |