2017.10.12

ローマ観光必見の名所コロッセオ

コロッセオ
古代ローマ円形闘技場。紀元72年建造,長径188m,短径156m.外周壁の高さ49m
4階建て、1階はドーリア式、2階はイオニア式、3階はコリント式と様式
1階には皇帝、2階には市民が座り、3階は立ち見席

私が学生時代に訪れた頃はコロッセオの凱旋門に
市バスや車が通り、とってもノドカでした。
旅行会社で仕事を始めた頃はコロッセオが団体ツァーの
添乗員と打ち合わせ場所で毎日の様にコロッセオに居ました。
当時はコロッセオは入場料などかからず
誰でも出入り自由でした。
有料になってからは1度も中に入ったことはありません。
そこで中からの写真をご案内
タダだった頃と比べ、有料だけあり整備されてました。
昔はノラネコたちの憩いの場でもありました。



コロッセオ
上層階からの眺めは圧巻です。
世界最大の古代円形闘技場だけあります。
当時は閉開式のお椀型の屋根がありました。
外壁は2/3ほど残念ながら削られていますが
ルネサンスの頃は建築資材としてコロッセオのレンガや
石ブロックは剥がされ、壊され運びさられました。



コロ5
グラディエーター(剣闘士)たちが次の出番を待っていました。
猛獣との戦いで多くの奴隷たちが犠牲になったことでしょう。



コロ6
猛獣(ライオン、トラ)が檻から出されて出番を待ってます





コロ7
コロッセオの最上階からの眺め
フォロロマーノ遺跡が眼下に拡がります。
排ガスや酸性雨の影響で遺跡は崩れやすく、脆くなっているそうです。
逐次修復をしていますが、予算がかかりすぎてたいへんだそうです。

ローマの観光、散策はローマナビネットにお任せください。

Posted at 16:19 | 遺跡で | COM(0) |
2017.10.06

コロッセオ最上階40年ぶり一般公開

ローマ最大の観光名所コロッセオの最上階が11月1日、
40年ぶりに一般公開されるになりました。
コロッセオの最上階は古代ローマ時代は下層階級の
平民たちの専用席でした。
最上階よりコロッセオの全貌だけでなく
息をのむようなローマ市街の絶景が素晴らしいです。


koro.jpg

ローマ観光はローマナビネットにお任せください。

Posted at 16:22 | 遺跡で | COM(0) |
2017.06.19

ローマの海岸に「第2代ローマ皇帝ティベリウスの別荘跡」

ローマ郊外の小さな田舎町スペルロンガを訪れたのは
海岸沿の古代遺跡「皇帝ティベリウスの別荘」見学が目的でした。
ティベリウス第2代ローマ皇帝の別荘跡はカプリ島が有名ですが、
海水浴でにぎわうスペルロンガの海岸にもあるのです。
特徴的なのはホメロスのオドュッセイに出てくるシーンの大彫刻群が素晴らしい。




IMG_0530.jpg
別荘跡の洞窟内からスペルロンガの丘の町の眺め

歴史書では紀元前26年にティベリウスがタラキナに近い「スペルンカ(洞窟の館)」
と呼ばれる別荘で食事をとっていたところ落盤が起こり数人が犠牲となった。
....と記してあります。地震だったのでしょうか?。




IMG_0536.jpg
別荘跡(洞窟)を外から見ると普通の洞窟に見えますが
別荘前の生簀では魚を養殖していたそうです。



IMG_0539.jpg
別荘再現図です
彫刻群を飾っています。
これらの彫刻の一部は隣接の博物館に陳列しています
1957年に付近で道路建設中に偶然発見されたそうです
      





IMG_0505.jpg
洞窟の右奥にあった彫刻です
これらの彫刻はギリシャの大古典ホメロスのオドュッセイ物語を題材にしてます。
トロイア戦争から故郷に帰還する途中の海難などの冒険を彫刻化してます。




IMG_0501.jpg
中央には海賊や海獣に襲われ遭難したシーンです。





IMG_0498.jpg
たくさんのアンフォラ(素焼きの壷)が発見されてます
ワインやオリーブオイルが入っていたのでしょう。




IMG_0542.jpg
洞窟の前には、住宅も建設されていました。
馬小屋なども。水洗式トイレ跡の遺跡も残ってます。





IMG_0538.jpg
古代遺跡が消えた広場にはカモミールの花が満開でした。

ローマナビネットはガイドブックに載っていない
イタリアの小さな町もご案内します。

Posted at 09:53 | 遺跡で | COM(0) |
2017.05.26

トレビの泉&真実の口の伝説は最高のキャッチコピー

トレビの泉、真実の口は伝説がなかったら
世界からの観光客で年中埋まることはなかったでしょう
古代からの伝承が映画の中でロマンティックに語られ
観光客に欠かせない有名スポットになりました。
映画が公開されてから60年を経過しても人気が衰えない
スポットは世界の観光地でも珍しいかもしれませんね。



IMG_0129.jpg

真実の口は、古代ローマ時代に作られた
マンホールの蓋を発見した人が古代神の顔だと思いこみ
「口に手を入れて、嘘をついたら抜けなくなる」
祟られると怖れ伝承されました。



photo_350e1.jpg
映画「ローマの休日」ではヘップバーンが手を入れて
驚いたシーンが愛くるしくて評判になりました。
今でも訪れる観光客が多く平均30分の行列待ちです。
私がローマに赴任した頃は、教会に鉄柵はなく
自由に入れました。観光名所ではありませんでした。
何故、急に観光客が増えたのか、不思議です。





IMG_0341.jpg
トレビの泉は1800年頃、ドイツ人が別れの儀式としてコインを
泉に投げたことが始まりです。
その後、映画「甘い生活」で一躍有名になり
夜遅くでも観光客が絶えることはありません。

不思議なのは、コインを泉に投げても、再びローマに来ないし
コインを投げたから再訪できるかもなんて
信じている人は、ほとんどいないのにコイン投げが絶えないのが不思議
ロマンや夢が少なくなった時代だからですかね?
ロマンチックの語源はローマ風です。

上の写真には投げられたコインが溜まっていますが
毎日50万円近くのコインが集まるそうです。
使い道は半分は教会へ、半分はローマ市に納めるそうです。
でも、なぜトレビの泉の維持運営(光熱費、清掃)や修復のための
積立などに活用しないのだろう??

ローマナビネット
は有名観光地だけでなく
話題の旬な名所にもご案内します。




Posted at 11:46 | 遺跡で | COM(0) |
2015.02.28

古代遺跡は人類の財産です。

ローマのモンテマルティーニ美術館は多くの古代ローマの彫刻
を陳列している屈指の博物館。
私は古代彫刻が好きでローマの博物館巡りを時々してます。
しかし完全に揃っている彫刻はたいへん少なく
破壊されている、欠損している彫刻が多いのに
とても残念に思います。
ローマを代表する巨大遺跡コロッセオはかつて「石切り場」
としてコロッセオを壊して教会建築の石材として利用しました。
バチカン・サンピエトロ寺院建造にも使われています。

P2131370_convert_20150227223959.jpg


P2131359_convert_20150227223559.jpg

鼻や顔が欠損している彫刻が多い

私が今回のブログで取り上げたのは、 下記の動画が余りにもショックで悲しいからです
彼らにしてみれば、かつてお前たちがしてきたことをしているだけと言うかもしれません
しかし、人間はこれほどまでに残酷に慣れてしまうのか.....辛いです。


アッシリアの古代遺跡を破壊
無関心が悲劇を繰り返します。

Posted at 12:35 | 遺跡で | COM(0) |
2015.02.20

ローマ城壁外にあるモンテマルティーニ博物館

モンテマルティーニ博物館(Musei Capitolini Centrale alla Montemartini)
カピトリーニ博物館の分館、
訪れる観光客はいないだろうな....と思う、市内中心から離れた
場所にあります。 ヴェネチア広場にあるカピトリーニ博物館に納めきれない
400点を超えるローマ古代彫刻を発電所跡地を博物館に改装して収納してます。

紀元1~3世紀頃に造られた古代ローマ時代の彫刻群です
写真やビデオが無い時代、古代ローマ人は大理石に刻む
ことで本人の家族、歴史を私たちに遺してくれました。
多くはテルミニ駅付近から発掘されています。

P2131390_convert_20150219114033.jpg
博物館は旧発電所の博物館でもあります。



P2131336_convert_20150219051516.jpg

一族のファミリーでしょうか 棺に掘り込まれています

P2131328_convert_20150219051236.jpg

紀元前でしょうか 幼児を抱えた母親

P2131339_convert_20150219051822.jpg

夫婦 ヘアースタイルがモダン、ファッションも楽しみだったようです


P2131341_convert_20150219052141.jpg

お父さん、お祖父さんの首を抱えて記念撮影?

P2131355_convert_20150219052425.jpg

奴隷の処刑かしら?



P2131377_convert_20150219113829.jpg

髭をたくわえ、現代とほとんど変わりませんね


P2131374_convert_20150219113552.jpg

鼻が欠けているのは残念ですが
椅子に座ってのポーズは
古代ローマとは思えないほど現代的な彫刻です


P2131375_convert_20150219121846.jpg

悩ましいポーズの未完の彫刻はミューズの神です
音楽、学芸、文芸などの守護神

ほとんど見物客が居ないので、自分のペースで
ゆっくりと多くの彫刻を見学できます
古代ローマ人と語りあってみてはいかが
きっと癒されることでしょう

最寄駅:地下鉄B線ガリバテッラ駅から徒歩6分
ピラミッド駅から歩くと徒歩16分

ローマナビネットは ガイドブックにあまり載っていない
イタリアをご案内します。

.
Posted at 01:04 | 遺跡で | COM(0) |
2013.10.28

古代遺跡群 オスティアアンティカ

オスティアアンティカ 紀元前4世紀より繁栄した町
30万を超える市民が生活してました。
当時としては大規模な都市です。

RIMG1979_convert_20131028170706.jpg
政治を司った議事堂跡

RIMG1968_convert_20131028170908.jpg
劇場跡、いまでも夏の夜に野外コンサートを開催してます。

RIMG1986_convert_20131028170458.jpg
浴場跡。床にはモノトーンのモザイク画
馬やイルカなど動物たちが楽しそうに躍動してます

RIMG1963_convert_20131028171303.jpg
ポツンと大理石像があらわれてきます

RIMG2004_convert_20131028170226.jpg
棺の掘られた石堀
愛した子供の棺でしょうか?

RIMG1987_convert_20131028165754.jpg
古代遺跡はロマンを掻き立てられ好きです
きっと多くの人々が幸せに暮らした町だったと思う。


Posted at 09:25 | 遺跡で | COM(0) |
2013.03.24

古代ローマ時代の聖域はネコたちの聖域に。

RIMG1770_convert_20130320135234.jpg

アルジェンティーナ広場(Largo di Torre Argentina)
共和政ローマ時代の4つの神殿の遺跡があり、ポンペイウス劇場の一部もある。
神殿は最も古く、紀元前4世紀から紀元前3世紀のものとされ、
豊穣の女神フェーローニアの神殿ではないかと言われている。
紀元80年の火災後に再建されており白と黒のモザイクはこの修復時のものである。

共和政ローマ時代の「聖域」だったことが判明した。
ユリウス・カエサルはポンペイウス劇場の敷地内で暗殺されたが、
その場所はこの広場内にあると言われていた。
2012年10月10日、スペイン国立研究協議会の考古学チームは、
カエサルが元老院を主宰中に議事堂で刺されたことが確認された」としている

RIMG1769_convert_20130320140323.jpg
古代ローマ時代の「聖域」が現在は猫たちの「聖域」です。
捨てられたり、傷ついた猫たちが保護され余生を過ごしてます。

RIMG1768_convert_20130320135523.jpg
日本ではペット保護法(動物愛護法)が改正されましたが
法で縛らなくても、動物たちがノンビリ、安心し過ごせる環境つくりも大切ではと思う
それは個々の自覚から生まれるのでしょう。

Posted at 23:07 | 遺跡で | COM(0) |
2013.03.07

パンテオン古代神殿

>RIMG1786_convert_20130305085447.jpg

このマンションからはみ出している古代遺跡
パンテオン神殿遺跡の一部です。
遺跡と共存 ....のローマです。

RIMG1776_convert_20130305085747.jpg

パンテオン神殿...初めて午前中に訪れてみました。
見事に太陽との調和、神々しいです。
古代の建築家は太陽を崇拝していたんだ
単に明り取りだけの目的ではなかったんだろうなって.......伝わってきました。
Posted at 01:15 | 遺跡で | COM(0) |
2013.03.02

ローマでピラミッド !

ローマの古代遺跡の中にピラミッドがありますが
観光客はほとんど訪れません。
紀元前18年から12年の間に建造。
1663年に、ローマ教皇アレクサンデル7世により修復工事が行われた
.....という歴史深い古代遺跡です。

RIMG1725_convert_20130302132254.jpg

修復が始まりました。半分くらいが地面下に埋もれているので
小型に見えてしまいます。周辺を整備して全体が出せばいいのに....
エジプトのコピーって言われてしまうから、知らないふりしてるのかしら?
ローマ市内には溢れるほど古代遺跡はありますしね....
私は巨大遺跡って好きです。
Posted at 05:35 | 遺跡で | COM(0) |