2017.04.23

ブタペストでフェイクポリスに遭う !!

ホテル付近を散策していたら、突然、目の前にオッサンが
 警察だと身分証らしきものをチラつかせて突然現れた
 「俺は警官だ、麻薬のチェックをしている」
 「パスポートを見せろ」
私=「目の前のホテルに置いてあるよ」
 「財布を見せろ」
私=「イタリアでスリに3回遭ってから財布は持たない主義になった」
 「ポケットを見せろ」
私=「500円未満の現地の小銭がチョロチョロっとあるだけさ」
 見た目で裕福でリッチ日本人のカモに見えたのかしら?


IMG_1836.jpg

私はイタリアで盗難被害は充分すぎるほど経験済み
 だけど...突然だと慌ててしまいます。
 こんな時、アナタならどうする?
 ・相手の身分証をしっかり見て、フルネームを大きく言いましょう
  例:アナタの名前はロベルト・ベニーニと読むのですかァ?。と
  出来る限りの大声で相手の名前を読み上げましょう。
 ・日本大使館領事部に友達が勤務していますので至急来てもらいますよと
 ・フェイクポリス(偽警官)は世界どこでも同じことを言います
  ①パスポートを見せろ②財布を見せろ③カバンを見せろって 
 人通りの少ない裏道は歩かないことです。
 
個人旅行のサポートはローマナビネットにお任せください。
Posted at 17:06 | 防犯対策 | COM(0) |
2017.04.04

プラハでボッタくり暴力タクシーに遭う

「最近のプラハは治安が悪い、ボッタくりタクシーに注意」と
事前に情報を得ていましたが、まさかのボッタくりタクシーに乗ってしまった。
.......そんな時、アナタならどう対処します?  
・ホテルからレストランまで徒歩で10分くらいの距離
夜だから道に道に迷ったら面倒ということで
ホテル前に停車していたTAXIと看板が屋根についている車に乗りました。
メーターがないから変だなぁ~と思いながら
レストラン前を通過し裏通りに止めてタクシー代金80ユーロ(1万円弱)を払えと
18ユーロ(それでも高いですが)の聴き間違いかと一瞬思いましたが
80ユーロだと、そんな額は払えませんと突っぱねたら、警察に連行する
警察署まで10Km先だと、見知らぬ町の悪の巣窟に連れて行かれたら
大変だと信号で止まっている間に降りました。
車はUターンをすることはできず追ってくることはありませんでした。
こんな時、どう対処すればよいのでしょう?
もし、空港へと乗ってしまったら、荷物を積んいるので途中で
降りることはできません。
イザ、想定外の未体験のトラブルに遭うとパニックになり、
どうしょうって混乱してしまいます
まして、女性一人なら対処は難しいです。

IMG_0884.jpg
プラハに限らず、ヨーロッパの都市は夜間に歩く人は少ないです。

【対策(私案)】
①言葉が分からないフリして紙に金額を書かせる(被害届の証拠に使う)
②大音響の防犯ブザーを護身用に携帯する
被害に遭うと声がとっさに出ないし、いいなりになってしまうでしょう。
「私は困ってします」と他者に伝え、助けを求めることが大事です
救急車と同じ音響が鳴り、防滴でコンパクトのこんな防犯ブザーがお薦め
③タクシーはホテルやレストランに呼んでもらいましょう
ボッタくり&暴力タクシー被害はローマでも多いです。
ヨーロッパ全体で増えている犯罪です。
④帰国後、在日チェコ共和国大使館とチェコ政府観光局にも被害報告をしました。

海外旅行は自分の安全は自分で護るが基本。
万が一の対策をしましょう。


Posted at 08:44 | 防犯対策 | COM(0) |
2015.12.01

これからのイタリア旅行の注意と対策

気軽に旅行を楽しめる時代ではなくなったことは
とても残念ですが、注意を怠らなければ
有意義な旅行はできます。
「私は大丈夫」という慢心は棄て
事前に対策を立てる「準備」はとても大切です。


PB300909_convert_20151201115806.jpg
(テルミニ駅構内は厳戒態勢です)

(空港)
様々な国からの渡航者が到着します。
パスポートコントロール通過に1時間を超えることもあります
荷物が先に出て転がり落ちていることが多いです。
荷物には見分けがつく様に大きく、目立つ色でローマ字で
氏名を貼ることです。(タッグでは剥がれてしまうこともあります)
出発は荷物検査、パスポートコントロールに40分~60分かかることも
あります。 遅くとも3時間前に空港到着し余裕を持ってください。

1528486_759609107443651_8764144019877623259_n_convert_20150122125422_201512011328559a8.jpg


(観光)
・主要駅、観光地では警察、軍隊が厳戒警備をしています。
 彼等にカメラを向けると写真は全て削除されます。
 機関銃を携え、緊張感もって警戒していますので
 興味本位でカメラを向けないでください。
 かなり厳しく問い詰められます。
・移動中、観光中に警官が身元検査、尋問をすることがあります。
 パスポート携帯が必要です。
 (国が発行した写真付きの身分証携帯義務があります)
*盗難に遭わない様、お腹に巻きつけることをお薦めします。
*スリはカメラ、携帯電話なども盗みます。移動中、観光中に
 掏られやすいです。ポケットに入れないで鍵つきバックを
 使うなどの用心が必要です。
+徒歩による観光が多くなります。歩きやすいスポーツシューズ
 などご用意ください。
*排ガス規制をしていないので、かなり空気が汚れています
 マメにウガイ、手洗いをお薦めします。
 マスクをしていると怪しいと疑われることもあります。



PB300908_convert_20151201115611.jpg

(バチカン市国)

2015年12月8日~ 2016年11月20日まで特別聖年になります
1300年からの歴史があり25年に1度の特別行事です。
特別聖年にしか開かない聖なる扉を通ると特別な許しを与えられます。
「いつくしみの特別聖年(Anno Santo straordinario della Misercordia)」
教皇フランシスコが開催を決めました。
この期間は世界各国から多くの巡礼者が訪れます。
サンピエトロ寺院及びイタリア内の教会の聖なる扉へ入場するには
事前登録、予約が必要になります。
詳細はこちらのイタリア政観のサイトをご参考にしてください。
http://visitaly.jp/recommend/info-giubileo-2015-2016

ローマ市は市長の汚職などゴタゴタがあり準備が追い付いてません。
各旅行者が対策を取ることも必要です。
・市バス、地下鉄は大混雑します=スリ被害続出
・公衆トイレ、バールは混雑します。
・レストラン、鉄道チケットは予約をお薦めします。

ローマの町をスムーズに憂いなく観光するために
専用車や専用ガイドを雇うことをお薦めします。
郊外の静かな田舎町やワイナリードライブもお薦めです。
ローマナビネットまでお問い合わせください。


Posted at 05:50 | 防犯対策 | COM(0) |
2015.08.29

ミラノ日本領事館より:国際特急列車内発砲事件の注意喚起

イタリアはローマやナポリが危ないと注意を傾ける旅行者が多いですが
北イタリア(ミラノ周辺)も被害は多いです。
ミラノ万博への交通機関(鉄道、地下鉄)内のスリ、オキビキ被害が増えてます
イタリア旅行される方はミラノ日本領事館のサイトより危険情報を一読ください。

P8263856_convert_20150829113159.jpg
(イタリア鉄道はローマ.,フィレンツェ,ミラノなど主要駅で特急乗車前に
 チケット確認をしています。見送り、お迎えはホームまで入れません)


8月21日.国際特急列車(アムステルダム発ブリュッセル経由パリ行き)内で,
男が発砲した後刃物を振り回し,乗客2名が負傷する事件が発生しました
犯人の男は拘束されました,複数の武器を携行していたことが判明しており
現在治安当局が事件の背景や動機を捜査しています。
22日,フランス内務大臣は,現在パリを含むイル・ド・フランス州に実施されている
テロ警戒レベル(最高レベルである「攻撃の警戒」)を国内各地の駅,
空港,地下鉄,高速鉄道,路面電車及び列車においても適用することを決定し,
国境をまたがる国際列車の警戒についても,各国関係当局との連携を検討。
(ミラノ日本国総領事館-危険情報より抜粋)




Posted at 03:35 | 防犯対策 | COM(0) |
2015.06.05

レストランで食事中の盗難が増えてます。

食事中の盗難が激増中です
地下鉄内スリの被害も多いですが
隙がでやすいレストランでも被害が増えてます。

P6033098_convert_20150605124137.jpg

①テルミニ駅周辺のマクドナルドで食事中、バックの置き引き被害がありました。
②レストランでディナー中に突然ケンカが始まり、バックから目が離れた一瞬に
 バックを盗まれまた被害がありました。
③ホテル内のビュッフェスタイルの朝食で立った時に
 椅子に置いてたバックが消えました。
④夏夜は写真の様にテラス席での食事はリスクが高まります。

食事中はバック類は持たないのが安心です。
私はローマに来てから、財布は持っていません。
2回ほど財布を掏られてから財布は新調するのを止めました。
プロには適わないからです。
その日に使うだけのお金をポケットの隅に分散して持っています。
衝動買防止にも効果的です。
カメラも一眼を使うのを止め、ポケットに入るサイズのデジコンに代えました。

盗られるということを前提に事前に対策をとられることをお薦めします。
ゆっくりワインを飲んで楽しい食事をするために。


Posted at 05:02 | 防犯対策 | COM(0) |
2015.03.09

盗難警戒注意報-北イタリア発

北イタリア治安情勢通報(ミラノ日本総領事館)
第6号:~ミラノ中央駅発ヴェネツィア行列車に御注意~
2015年2月17日

当館に提出された被害届の中で,ヴェネツィアでのスリや置き引きの被害が
多くなっていますが,
ミラノ中央駅の現状からすると,ヴェネツィア行の列車内で既に被害に
遭っているものと推測されます。
ミラノ中央駅を利用される場合は,下記の傾向・手口を参考にして,
犯罪被害に遭うことのないよう注意してください。

1.傾向
ミラノ発ヴェネツィア行列車のホームに限って,窃盗団が常にいます。
窃盗団は,早朝で約10名,日中で30~35名はいます。
第1グループはホーム上の券売機周辺に集まっています。
第2グループは打刻機の所に集まっています。
第3グループは2名1組で各車両の出入口にいます。
第4グループはホーム上をバラバラになって行ったり来たりしています。
それぞれのグループは常に連携して,連絡を取り合っています。
2.手口
ホームの券売機で切符を購入していると,彼らは5人くらいで後ろを囲んでいます。
ホームの自動販売機の前も同様です。直ぐに近づき,脇で物色しています。
打刻機のところでは,日本人に対して打刻をするよう声を掛けたり,
「ヴェネツィアに行くの。」と声を掛けたりし,後ろについて物色しています。
車両の出入口の両サイドに2組4人がおり,日本人だけに声を掛け
スーツケースをホームから車両に持ち込むのを手伝っていますが,
その際カバンを触っています。
日本人団体旅行者の場合は,団体の中に入り込み,そのまま一緒に車両に乗って
座席までついていきます。
ホームでは,バッグをたすき掛けして大きなスーツケースを引きずっている
日本人団体旅行者や日本人を狙って物色しています。
彼らの目の前を通過すると,2人が後ろについて狙っています。
犯行に及ぶことが無理なようであれば,その場を離脱して,次のターゲットを狙います。
3.特徴
年齢には幅がありますが,大きく分けて年配男性と若者,女性に別れています。
男性はジーパン,又はスウェット、ダウンジャケット、ニット帽、ほとんど手ぶらです。
女性はジーパン、ダウンジャケット、ポシェットをたすき掛け,又は手ぶら
赤ちゃんかぬいぐるみか分かりませんが,前に抱えている女性もいます。
4.防犯対策
犯罪者は「犯行の標的」のスキをうかがっています。
自分のことをじっと見ている人物がいないか,周囲に気をつけましょう。
バッグや上着,ズボンのポケットなど,盗まれやすい所には,
貴重品を保管しないようにしましょう。
人混みの中で,体が不自然に押されたり触られたりしたときは,
すぐに所持品を確認しましょう。
苦情を言って来たり,気軽に声を掛けて馴れ馴れしく近づいてくる人がいたら
特に気を付け,場所を移動しましょう。
カバンはいつも手から離さず,やむを得ず手を離しても体に触れるように置きましょう。
どんなときでもカバンから目を離すことは厳禁です。特に自分の周りで気を
引くようなことが起きたら,まず持ち物をしっかり確認しましょう。
5.警察の対応
最近,国家警察が2名1組でヴェネツィア行のホームの警戒をしています。
本通報に関する問い合わせ先
ミラノ日本総領事館代表電話:02-6241141ryojikan@ml.mofa.go.jp(警備班)

P3081583_convert_20150309061737.jpg

北イタリア方面に限らず、フィレンツェ、ピサ、ローマ、ナポリでも
同様の手口の盗難が頻発しています。ご注意ください。

ローマナビネッに鉄道チケット購入代行、駅の乗降りのサポ―トもお任せください。
Posted at 01:20 | 防犯対策 | COM(0) |
2015.03.06

預金が消える

NHKクローズアップ現代は毎日欠かさず見てます。
3月4日は「預金が消える」のテーマでした。
高度化するサイバー犯罪で預金者や銀行の被害が
昨年1年で29億円の被害額と放映していました。

私が利用している銀行は暗証番号用のキーフォルダータイプの
番号選らぶ機器?を配布してます。アトランダムにその都度、数字が
変わるのです。 一瞬だけの番号なので誰も盗むことはできません。

P2171488_convert_20150306123151.jpg


観光客がキャッシングで利用するATMはどうでしょう?
(手口) チューインガム1枚で預金を奪う!
①カード挿入口にチューイングガムをつける
②観光客が暗証番号入れるのを遠くから望遠鏡で読み取る
③観光客はカードが抜けなくなり焦り、慌てる
④係員を装い、どうしました? 
私が見張ってますので、銀行窓口の担当マリアさんに
パスポートを提示してATMをオープンする様にお願してください。
⑤窓口にはマリアという担当は居ない、ATMに戻ってみると
誰も居ない、カードも消えていた。銀行の預金も消えた

スキミングによる被害も増えてます。ご用心を!

安心のイタリア旅行はローマナビネットがサポートします。
Posted at 04:38 | 防犯対策 | COM(0) |
2015.03.03

食事中だって泥棒に遭うかもローマでは注意を!

盗難予防注意報です。

①ある観光客はローマに到着した初日
テルミニ駅付近のレストランでディナーをとっていた
前の席で何やら取っ組み合いの喧嘩が始まり
店主を呼ぼうと思って席を立ちました
席に戻ったら喧嘩をしていた客は消えいていた
オマケに椅子に置いていたバック類(カメラ、財布
パスポート、携帯電話など入っていた)も消えていた

②ビュッフェ式の朝食のホテルでバックを椅子にかけたまま
 料理を取りに立った間にバックは消えていた
 バックを背中にかけて料理選びに夢中になっていると
 バックから掏られることもあります。
 目の入る位置にバックをかけるのが基本。
 5星のホテルで外部から宿泊者以外の客は入らない様に
 スタッフが部屋番号確認しているから安心だと思ってた。

​盗難と違うケースで椅子やテーブルに携帯、デジカメを忘れるケースも多いです
戻らないことは多いのでご注意を。

P3011560_convert_20150303133159.jpg

 自分の安全は自分が護るのが「安心の旅」の基本です

安心のイタリアご案内はローマナビネットにお任せください。​

Posted at 05:43 | 防犯対策 | COM(0) |
2015.02.24

イタリアの盗難予防対策って??

イタリアの盗難予防対策ってどうなんだろうね?

スリ被害防止標識

ボローニャ駅のホームでみかけた標識
しかも、かなり遠いところにあり
前までいかないと何の標識か判別できない。
こんな標識不名誉だけど......と申し訳なく立てたみたい
例えば農薬撒いた後の畑の案山子みたいに。

盗難予防パンフ

前にもご紹介した盗難注意報のパンフ
主要駅の切符売り場に置いてありますが
皆さんの中で手にした方います?
外国からの観光客は大半はネットオンラインでチケット購入
長蛇のチケット窓口で切符は買わないです。
このパンフを見たことはないでしょうね。

各駅の一番目立つ場所に等身大サイズの
大型ポスターを貼るべき.....  不名誉であってもね。

自分の安全は自分が護るが旅の基本です。
日本でもイタリアでも共通 !


Posted at 03:07 | 防犯対策 | COM(0) |
2015.01.14

ローマ・テルミニ駅盗難届毎日100件って凄すぎ

イタリアのメジャー新聞にテルミニ駅での盗難被害届け
毎日100件! って以前にご紹介しましたが
その後のテルミニ駅鉄道公安の考案はこちら
盗難予防の世界各国語版パンフを配布しようって。
標語:「お気をつけください! 注意を払いましょう!」って
パンフレット記載内容は下記の通り。

P1140741_convert_20150114213824.jpg
(パンフの表紙/日本語版)

jip.jpg
(自販機前、ポニーテールの若い女性2名はジプシーです)

(駅構内で切符購入時)
①切符売り場、鉄道の乗り降りにスリに注意
②自販機前でのスリ、オキビキに注意
③見知らぬ人がお金を要求しても注意しましょう


PA311681_convert_20150114013637.jpg
(鉄道員の車内販売ではありません、無許可販売です
お手製サンドイッチ、ドリンクなど車内勝手販バイト)

⑤上着の内ポケットに財布を入れた状態で
ハンガーフックに吊るさないでください
⑥荷物を棚上に置いている時、テーブル、椅子に
携帯電話、バックを置いているとアブナイです
⑦列車の停止中はご自分のスーツケースを見張っていましょう
⑧切符を購入していないと乗車できません
誉れある旅行をしましょう。
⑨見知らない人に荷物を預けてはいけません
(偽ポーターに注意を)
⑩違法な行商人から食べ物は購入してはいけません
健康被害が出ることもあります。

......などを世界各国語で説明しています。
この盗難防止バンフが置いてある場所は切符売り場窓口
大半の観光客は混雑する窓口を避け自販機で購入します。
パンフが観光客に渡ることは海辺に落ちたコンタクトレンズがみつかる
確率に近いかも.....
..大きなポスターを駅構内に貼るべき、旅行各社にパンフを送るとか
駅構内で観光客にパンフを手渡しで配布するなど、キャンペーンが必要です。

PA311742_convert_20150114013929.jpg
ジブシ―はポニーテールをしている、眼つきが鋭いなどで見分けつきます。
車内では置き引き、スリにご注意を。
特に乗り降り時に掏られやすいです。トイレもハンドバックは持ちましょう

*駅構内のご注意はローマだけでなく、フィレンツェ、ミラノなど
メインな駅でも同様にご注意ください。
ローマトラステーベレ駅はアル中の浮浪者が溜っていて
駅員は常駐していませんから少し怖いです。

鉄道チケットは事前にオンラインで購入しましょう
空港行鉄道チケットは駅構内の新聞スタントでも買えます
少しご心配な方には鉄道チケット購入代理をします
駅送迎、空港送迎、乗車サポートなど
ローマナビネット までお問い合わせください。

.
Posted at 01:20 | 防犯対策 | COM(0) |