2016.07.26

トム・クルーズで有名になったブラッチャーノ湖畔の城

ローマ・トラステーヴェレ駅からヴィテルボ行きのローカル電車に乗り
1時間ほどのブラッチャーノの町、かつては繁栄した城下町です。
2006年11月トムクルーズが結婚式を挙げたオデスカルキ城の町として
一躍有名になりました。
ブラッチャーノ湖畔の静かな田舎町で、ローマからドライブするイタリア人たちで
夏は賑わいます。


P7053314_convert_20160721014556.jpg
オデスカルキ城
中世の城砦を1470年にオルシーニ家のナポレオーネ により改築
ルネサンス時代には法王シスト四世やフランス王シャルル八世の滞在記録があります
15世紀末からボルジア家の法王アレッサンドロ六世の所有。
町はつづれ織の産地として発展しました。




P7053312_convert_20160721014506.jpg

ブラッチャーノ城 州立自然公園
ウナギの産地としても有名、湖畔を散策したり遊覧船に乗ったり
1600年代の残された中世の街並みや城下町の見学もお薦め



ローマナビネットがご案内します。




2016.02.27

成田からローマへ帰る

成田空港からローマでの様子をアップ
復路はジロー(愛猫)はいないから気楽だったけど
ガクッって、3日前のコーラの様に気は抜けてしまった。


P2252191_convert_20160227093533.jpg


すでにローマに戻っているのですが、機内で後席の乗客がゴホゴホと咳をして
菌を振りまくって、密室の中では感染予防できなく、抵抗力の弱っている私は
たちまち風邪を引いてしまいボーっと誰も居ないローマで過ごしてました。
右隣の席に1歳と3歳の子供連れのご夫婦がいまして
1歳の子供ガ「コワイ、コワイ」と泣き始めると3歳の子供もつられて
合唱の様に泣き始めてました。 ウルサイというよりも
ジロー(愛猫)もとでも恐怖で泣くに泣けずじっと堪えていたんだろうな
って思ったらシンミリしてまいました。
声を出して恐怖を親に訴えられるだけキミタチは幸せだよって。




P2252197_convert_20160227093644.jpg
18:30頃のローマ空港上空
光の湖の様に夕焼けが遠くに見えます
快晴なのかと思ったら、猛烈な夕立で雹まじりの豪雨でした。





P2252200_convert_20160227093757.jpg
98%混具合でした。前の方に座れたので混雑は余り気になりませんでした。
機内の映画では「007 スカイフォール 」を上映しています。
ローマのテーベレ川畔を疾走するシーンが出てきますが
私がコンサート会場からタクシーで自宅へ戻る時に映画撮影中だからと交通規制に
巻き込まれたあのシーンンなんだって懐かしく見てました。
後はひたすら本を読んでました。




P2252201_convert_20160227093911.jpg

パスポートコントロールは以前は90分ほど行列待ちでしたが
今回は同時間に着く、中国、アラブ、アフリカからの便が無かったのか
スムーズで1分も待たないいで通り抜けできました。
荷物は20分ほどしてから流れてきて受け取るまで計40分はかかりました。

家の鍵をあけて、おかえりぃーって飛んできて喜んでくれるジロー(愛猫)が
居ないと、何とも殺風景な空洞だなって、小さくともイキモノの存在は大きいです。




2012.05.23

ローマ⇔ミラノ 日帰り往復

ローマからミラノまでフェラリー特急で日帰りしました。
往復7時間、ミラノ滞在時間は3時間くらい、知り合いの個展見学が目的でした。
ミラノを訪れるのは7年ぶりぐらい、滅多に来ません。

23M1.jpg
ミラノといえばドゥオーモ(大聖堂)
1386年に建築がはじまり、完成は500年後の1813年
イタリアではバチカンのサンピエトロに次ぐ規模の大聖堂です。
ハトとミサンガの押し売りが多い。

23M2.jpg
ミラノといえば、L.ダビンチ、
ミラノを訪れる観光客の大半が最後の晩餐を見学する最大の名所になりました。
最後の晩餐はイタリア内の史跡でもっとも予約が難しくなりました。
映画の影響は大きいですね。最後の晩餐の予約代行引き受けます。

23M3.jpg
ミラノと言えば、ガレッリア= 1877年の建設です。
135年前の建造物が今でもフルに活用できているのが凄いですね
アーケード内には1000人くらいの中国系観光客がすごかったです
グッチ店も中国人の行列でした。時代の移り変わりは早いです。

23M4.jpg
ミラノと言えばブレラ絵画館 (Pinacoteca di Brera)17世紀の建造物
1809年ナポレオンの誕生日に一般に公開されるようになりました。
この写真の腕はナポレオン像の一部です。ブレア絵画館にはイタリアを
代表する巨匠の絵画が陳列されてます。
「エマオの晩餐」(カラヴァッジョ)、「マリアの結婚」(ラファエロ)
モンテフェルトロ祭壇画(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)
訪れる観光客は少ないです。ゆっくりと観賞できます。
ミラノを訪れたら是非、お立ち寄りください。

2011.06.26

ローマ郊外の秘境・聖地へ

ローマから30分ほどでローカルな駅に到着、ジープで岩山のプレネスティ―ニ山を
超え、40分ほどで到着したところは岩山に聳え立つ、静謐な僧院でした。

僧院

秘境・断崖絶壁の岩山に聳えるグアダ二ョーロ村にある僧院。
1500年ほど前ベネディクト派の修道僧たちにより拓かれました。
前教皇ヨハネ・パウロ2世が司教時代に過ごした僧院でもあります

修験窟

1500年前は建物はなく岩山の洞穴を修験場としてました。
洞穴は深く、10人くらい入れる広さです。

殉教者たち

寒さや餓えで殉教した僧たちもいました。
岩山の上には質素なお墓があります。


法皇自筆

こちらは現・バチカン教皇ベネディクト16世(ヨーゼフ・ラッツィンガー)が
立ち寄った時の署名です。・バチカン教皇の直筆を見られる機会は
滅多にない(今後もないと思う)ので撮らさせていただきました。

ヨハネ・パウロ2世は亡くなる前に数回、訪れたそうです
休憩室も見学させてもらいましたが驚くほど質素でした。

ローマ市内の見学だけでなく、誰も訪れることがない
秘境・聖地巡り、イタリア旅の思い出にいかがです?

2008.04.09

ローマ郊外でみつけた春

DSC04103.jpg

先週から今週のローマは雨降りが多く鬱陶しい天気が続いてました。
天気予報できょうは少し晴れそうなのでローマからローカル線で30分ほどの
田舎に行ってランチを食べてきました。
ローマは電車で10分も走るとすぐ田園風景が広がり古代の城壁や水道橋の眺めが楽しいです。
有名な名所や史跡でなくても、ローマは満足できるところがいくらでもあります。
例えばこの写真の様に雑草と総称で呼ばれる草花も春には彩りを添え美しく映えるように...。
2008.01.31

ローマ郊外田舎のヴィラに泊まる

今週ご紹介してきたローマ郊外の田舎編の最終日は宿のご紹介です
ローマからローカル線で35分の近場にこんな風景を見えるのは感動です
DSC03193.jpg

宿のヴィラの窓から見たローマの町です。山の頂の下がモヤってますね
このモヤは何でしょう? 大気汚染だそうです。これだけローマの空気が廃ガスやスモッグで
汚れているんですって・・・・

DSC03218.jpg
 ヴィラは丘陵の頂きにある眺望はすばらしいのですが、
その分風が強く吹き、花々が飛んでしまうそうです。

DSC03182.jpg
広い庭と4部屋の客室があります

DSC03200.jpg
サロンのテラスから1600年前の城砦跡の眺めは美しいです

DSC02984.jpg
夜は窓からローマの夜景を楽しむことができます。
冬場は暖炉でくつろいだり、食後酒を飲みながらオーナが演奏する音楽を聴いたり・・・

こちらのヴィラ(別荘)滞在はローマ市内のホテルにお泊りになるよりもお得です
最寄り駅へ毎日送迎してくれますから、こちらに滞在してローマ観光やショッピングも・・
田舎に残って、周囲の史跡や大自然のドライブ、田舎料理・・など
ちょっと変わったイタリアご滞在が楽しめます。
ご夫婦はイタリア人のご主人と声楽家の日本人の奥さんだから言葉の心配もありません
プチ田舎滞在どうですか?ご希望の方はご連絡ください。
2008.01.30

古代ローマから中世まで栄えた町

今週ご案内している町はテルミニ駅から鈍行で35分ザガローロ駅にあります。
古代ローマから中世まで栄えた町です。世界遺産ではないですが凄い史跡があります。
DSC03231.jpg

「ローマの道は世界に通ず」といわれた古代街道の石畳(2000年前)が一部残ってます。

DSC03230.jpg

この教会内でミケランジェロはピエタの像を完成したそうです。そのピエタの像は
フィレンツェ・アカデミア美術館に今はあります。
フィレンツェの大聖堂の建築家ブラマンテが作った聖堂もこの町にあります。
DSC03229.jpg

この像はドイツの1700年代のドイツの作曲家J,バッハの師匠ピエロルイジです
この町は音楽の聖地として世界的に有名です。

2008.01.29

ローマ郊外田舎で食べたスペシャルパスタ

ローマから電車で35分のところにこんな自然豊かなところがあるなんて素晴らしい
DSC03212.jpg


「すっごい美味しいバスタがあるのよ」って誘われてランチへ
DSC03215.jpg

曾お婆さんの代がら手作り手打ちパスタを作ってだしてます。
パスタが少し黄色いのは卵が有精卵(庭で遊んでいる鶏)だからですって。
これはカルボナーラです。ベーコンの塩味と卵がよく合ってます。
羊肉とトマトソースで和えたパスタやラビオリも美味しかったです。
メインは子羊のグリルを食べました。新鮮で柔らかく、焼き具合がちょうどよかった。
2008.01.28

イタリアで最も古い修道院にて

ローマからローカル線に乗って35分の無名な田舎駅
しかし1000~3000年前は栄えていたそうです。
いろんな足跡、史跡がありましたが、きょうはイタリアで最も古い修道院へご案内
DSC03202.jpg
厳しい弾劾絶壁に修道院はあります。
前の法皇パオロ2世は法皇に選出される前までこの修道院で修行してたそうです
DSC03203.jpg
1500年ほど前は立派な建物はなく、この洞窟が礼拝室でした。
DSC03204.jpg
命がけの修行でした。命を落とした多くの
殉教者がそのまんまで、ウインドケースに「お骨」が..........。
2007.12.28

トスカーナのネコたち

トスカーナ(ピエンツァ)に行ってきました。 嘗ては飼い猫だったのか?野生化した猫たちが
くつろいでいました。陽だまりでのんびりと......厳しい寒さに負けないでね
DSC03036.jpg
<傷だらけの顔のオヤブン>
DSC03039.jpg
<トスカーナに吹く風はさッ気持ちエエデェ>