2017.03.23

ローマの下町散歩

ローマの下町トラステーヴェレ地区は他の通りと比べとても乱雑で汚いけど
アウトローな感じの町が若者を惹きつけるのでしょう。
ローマらしいビビットな町。


ro2.jpg
トラステーヴェレ地区には200店を超えるレストランが
犇めいてます。リーズナブルで美味しい店もあります。
5€前後の安いパスタの店から高級レストラン
美味しいジェラート店もあります。
夕暮時にバールで食前酒は薦めです。



ro1.jpg
トラステーヴェレ地区は他の町と比べ落書きがとても多い
遠慮なく、描きまくってます。
しかし、アヴァンギャルドな型破りなところがトラステーヴェレの魅力
この街が整理整頓され他の町と同じになったら若者は離れることでしょう。


P9040028.jpg
子供たちは元気に野放図に遊んでいます。
将来、有名なサッカー選手になるかも。




P5290520.jpg
壁の離剥さえ絵になります。
自転車は一晩駐輪しておくと、盗まれます。
鎖で繋いでも、車輪、サドル、ハンドルなど
器用に外して盗られます。

ローマ下町散策-ローマナビネットがご案内!
Posted at 10:00 | 散歩道 | COM(0) |
2017.03.08

ローマは制服警官が多い

ローマの街を歩いていると警察や兵隊など警備が多いのに驚きます
日本は交通整理の警官くらいで、制服警官は目に入ることは少ないのですね。
テロ被害を防ぐことは大切ですが、スリ被害は減ってはいません。
観光客にとっては、地下鉄や市バス内のスリ被害を減らして欲しいけど....

seifuku.jpg
カラビニエリ(衛兵)
国会上院議員前にて




制服
軍楽隊(公式式典で演奏しています)




sei6.jpg
カラビニエリ(国家治安警察隊)
観光地の警備をしていますが、有事には先鋭戦闘部隊になります。





SEIFUKU_2017021813154489f.jpg
オルヴィエートの警察学校の学生たちです





sei4 (1)
兵隊です
各国大使館や空港、駅など警備しています





PC180239.jpg

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世記念堂に眠る無名戦士の墓を
24時間警備しています。
友人が深夜に警備していた時、寒くてトイレに困ったそうです。
イタリアは2000年に徴兵制を止めるまで、多くの若者たちが
兵役を経験しています。
知人はイタリア国籍に変えようとしたけど、徴兵されるのが嫌で
変えなかったことがありました。




sei2 (1)
デモを警備している警察隊(日本の機動隊)
上の写真を見なおしていると、望遠での撮影以外は
必ず撮った者に視線を向けていますね。
テルミニ駅で撮っていた時は怒られて撮影した写真は
全て消されたことがあります。
珍しからと言ってピリピリした緊張状態の時は撮らない方が無難!

Posted at 10:01 | 散歩道 | COM(0) |
2017.02.16

ローマの夕暮れ

ローマは夕暮れ時が美しいです。
観光を終えホテルに戻る少し前
町の灯りがともる頃の散策がお薦めです。

P5130176.jpg
ヴァチカンのクーポラがイルミネーションに浮かび上がるころ
テーヴェレ川の欄干の灯りが川面に映り美しいです。


P5130144.jpg
テーヴェレ川の畔の散策もお薦め





P5130152.jpg
空がどんどんと暮れ雲は家路へと急いでいるようです。





P5130158.jpg
トラステーヴェレ地区のピザ屋、
数百年前は馬小屋でした。


ローマの街散策- ローマナビネットがご案内します。
Posted at 10:36 | 散歩道 | COM(0) |
2017.02.09

ローマで見かけた美女たち

ローマを歩いているとアッと驚く美女をみかることがあります。
イタリア人は普段は派手目な化粧はしませんが
化粧を少しすると、どこのダレ?と分からないほど一変します。

イタリア人から見ると日本人は羨ましい民族らしいです
①年齢の割にすっごく若く見える、どうして?
②髪の毛が豊かで艶がありきれい、どうして?
③肌がなめらかで、すべすべ、どうして?

*常日頃から節度ある食生活
*太陽を不用意に浴びない
*シャンプー、化粧品類が優れている
などではと思いますがいかがでしょう?。



b2.jpg
イタリア人女性がこれだけの体型を維持するのはタイヘン
パスタ類、甘いモノは結婚前までは控えます。


b1.jpg
アングロサクソン系の血がまじっているのかな?、キュート。



b4.jpg
健康的で楽しそう



b3.jpg
少しだけヘップバーン似?

ローマは散策していると、いろんな発見があります
ローマナビネットがご案内します。
Posted at 12:11 | 散歩道 | COM(0) |
2016.12.29

愛の南京錠- 永遠ローマの愛

イタリアの作家 Federico Moccia原作"I Want You" という小説および映画(2007年)で
ミルヴィオ橋の街灯に愛を記した南京錠をかけると結ばれるという
2人で南京錠をかけた後、川に背を向けて鍵を投げ入れるというストーリは
瞬く間に若者の間でブームにミルヴィオ橋の街灯は鍵の重さで倒れ掛かり禁止に。
その後、いつの間にか、シスト橋の鎖に伝播してご覧の様に
若者たちの愛の証?の南京錠がかけられています。愛は重いって。


PB030080.jpg

南京錠の重さで鎖が引き千切れそう.........





PB030084.jpg

シスト橋は1476年、15世紀にローマ皇帝シクストゥス4世により再建された
由緒ある歴史的な橋、テヴェレ川にかかる橋で車両通行禁止の橋の一つ




PB030069.jpg

文字通り数珠つなぎの南京錠





PB030076.jpg
シスト橋から眺めるバチカン・サンピエトロ寺院のクーポラの眺めは
ローマ絶景ポイントの一つです。

ガイドブックに載っていない。ローマの街散策
ローマナビネットがご案内!
Posted at 08:49 | 散歩道 | COM(0) |
2016.11.07

イタリアの古本屋

私は日本でも海外でも本屋に立ち寄るのが好きで
どんな本が人気なんだろうって興味があります
イタリアはヨーロッパで断トツに出版数が多いですが
印刷部数は少ないので、時期を外してしまうとお目当ての本はありません。
町中の古本屋巡りして探すことになります。


PA220076.jpg
日本の古本屋は作者別、ジャンル別に整理されてますが、
ローマは雑にテキトウに積んであるだけだから探すのはたいへん。
時々、日本から留学生が持ち込んだ日本の古い本の掘り出しものがあります。
*写真右下にヒラリー・クリントン次期大統領候補の本があった。

ガイドブックに載ってないローマの下町ご案内します。


Posted at 09:34 | 散歩道 | COM(0) |
2016.07.06

ローマ散策

日本は猛暑だそうですが、ローマも連日37度前後で暑いです。
特別な用事でもない限り外に出たくないですね。
日本と比べ湿度は低いので木陰は過ごしやすく
室内はクーラーがなくても、過ごせてます。
運動を兼ねて散策してきました。


P7053302_convert_20160706105426.jpg
ポポロ広場前にて
小さな女の子が家族写真を撮っていました。
素敵な思い出として残ることでしょう。




P7013256_convert_20160706105347.jpg
夏は必然的に肌の露出が増え、タットゥー(西洋刺青)をした女性をみかけます
このタットゥーはカワイイ!。




P7013246_convert_20160706105305.jpg
猛暑の時はジェラートよりグラニータを食べたくなります。
こちらはザクロのグラニーター 




P7013242_convert_20160706105218.jpg
夏の光が強烈であるほど、陰は深くなり
どこかのお屋敷の中庭の彫刻は眩しいほどでした。


ローマの町散策 ローマナビネットがご案内します。

Posted at 03:19 | 散歩道 | COM(0) |
2016.05.23

スペイン階段は修復中ですが

スペイン階段前は、まだ修復中ですが、階段上のトリニタ デイ モンティ教会は
すでに修理を終え、全体の写真を撮るには観光客がいない
この時期がベストかもしれません。





P5172779_convert_20160523214307.jpg
スペイン階段は修復中という情報が伝わっているのか
訪れている観光客は少なかったです。



P5172778_convert_20160523214144.jpg
スペイン階段前でみかけたセレブなご婦人
自転車まで黒づくめで決めてます。
イタリア人はトータリィファッションが好きで、
日本人みたく財布だけヴィトン、エルメスのスカーフ、という
一点デラックスオシャレはあまりしません。
決める時には決めるのがイタリア人。



Posted at 13:45 | 散歩道 | COM(0) |
2016.05.09

ローマの散策にベストな気候になりました。

暑すぎなく、寒くなく散策にベストな季節になりました。
私は家の用事が多く、お誘いでもなければ外にでることは
ほとんどありませんが、爽やかな5月、家に缶詰はもったいないですね。
風薫るローマを撮ってきました。



P5092644_convert_20160509232705.jpg

ガリバルディ橋からシスト橋の眺め
プラタナスの新緑が覆い始めました。
プラタナスの並木が一番美しい季節




P5092658_convert_20160509232938.jpg
バチカン美術館裏の住宅、 夏花の主役 ブーゲンビリアが満開です。
真夏の暑い盛りは暑くるし感じることもありますが、今頃は美しい。
花言葉:情熱


ローマの町 散策 ローマナビネットがご案内


Posted at 17:55 | 散歩道 | COM(0) |
2016.03.02

時差ボケ解消にローマ散歩

日本に着いてから2週間ほど時差ボケ状態でした。 
ローマに戻ってからは18時頃になると眠くなって早寝、早朝目覚めという日々です
時差ボケから覚醒するには太陽を浴びるのが一番ということで
快晴の昨日ローマを散歩しました。 3月8日の女性の日に配るミモザの花はとっくに
枯れ果ててました。暖冬ですね、今年はどうするのだろう?


P3012247_convert_20160301231649.jpg
日本に暮らすジロー(愛猫)を思いながら、撮ってみました。 
散歩嫌い、外出嫌いな不健康な猫だったな。



P3012254_convert_20160301231926.jpg
テーベレ川にかかるシスト橋
映画「007 スカイフォール」ではこの橋の下をボンドカーが疾走してましたが
数日間の豪雨で橋の下の散歩道は増水で埋まってしまいました。




P3012245_convert_20160301231805.jpg
欧米人ってちょっとサングラスをかけるだけで映画俳優みたいに
なれて実に羨ましい。私がかけるとヤーさんになります。
晴れた日は写真の様な軽装が気持ちよいです
しかし朝晩や曇り日は薄いダウンがまだ必要ですね。





P3012256_convert_20160301232048.jpg
「私たちは戦争に反対!旅行者メニューあり」 との看板
こんな看板があると、ちょっと入ってみようかしらって思う


暑過ぎなく、寒くない、今頃の季節はノンビリ歩きが気持ちよい
ローマナビネットはガイドブックにあまり載っていない
楽しい町歩きにご案内します。
Posted at 00:24 | 散歩道 | COM(0) |