2017.09.25

天空の町チヴィタ・ディ・バーニョレージョの入村料金が高くなったわけ

天空の町=チヴィタ・ディ・バーニョレージョの入村料金が2倍~3倍に値上がりました。
私がご案内を始めた2000年の頃は無料で、訪問客はほとんどゼロでした。

P_20170819_101615.jpg
数年前から有料になり1.5ユーロ、そして、なんと.....
平日=3ユーロ、日曜、祝日=5ユーロに値上がりました。
「なぜ?こんなに高くするの?特筆すべき史跡、建造物が
ない素朴な古い石造りの村なのに、高すぎ!」と尋ねてみました。
答えは、訪問客を,減らしたいからとのこと。
日曜、祝日には2万人を越える観光客が押し寄せるとのこと
高くすれば抑制できるだろうからって。


P7010137_20170925160533e19.jpg
日曜、祝日は、チビタバニョレッジョへの橋が観光客で渋滞になり
橋が傷むので入場制限をしています。
村にはトイレの数は少ないし、ゴミの山の処理もたいへんです。
リッチ層が田舎で静かに暮らそうと別荘を購入したのに
観光客でごった返して煩くなり村は汚れるし、たいへんだそうです。


P9034027_convert_20150904211359_201610251025598f8_20170925160534c08.jpg
無理して急勾配の橋を上り村見学するより
見晴らし台からの天空の町見学もお奨めです。
余った時間はオルヴィエトのワイナリー見学はいかがです?

ローマ発日帰りプラン=天空の町チヴィタ・ディ・バーニョレージョ&オルヴィエート
ローマナビネットがご案内します。

2017.03.05

オルヴィエートの美味しいランチ

オルヴィエートはリーズナブルな値段で美味しいレストランが多くあります。
ハズレは少ないです。外人より味に煩いイタリア人観光客が多い
地元の野菜、チーズ、サラミ、ハム肉など食材が豊富だからでしょう。


trattoria-moro-aronne-orvieto-logo-205x300.jpg
町のシンボルのモーロの塔の近くにある老舗レストラン
カジュアルだけど美味しい。



OR5.jpg
手打ちパスタのフンギポルチィーニキノコ和え
チーズをたっぷりかけて食べると美味しさが引き立ちます




OR4 (1)
スフォルマート(日本ではスフレかな)
季節の野菜を凝縮しました。




OR2 (2)
オルヴィエート一番人気のトラットリア・パロンバ
平日のランチタイムでも満員、予約必須
日本語メニューもあります。



OR2 (1)
手打ちパスタの黒トリュフー和え
目の前でタップリとかけてくれます。
黒トリュフーは香りを楽しむ食材で味は余りしません
粉チーズを和えて食べます
生パスタは小麦の甘い味がしっかりして美味しいです。

天空の町半日プランの帰りにオルヴィエートで美味しいランチがお薦め
ローマナビネットまでお問い合わせください。

2017.02.27

ローマから日帰りツァーはオルヴィエートがお薦め

オルヴィエートはローマから急行で70分、
ローマの喧騒を離れて中世の石造りの街並み
イノシシ肉、チーズ、ワインが名産
ワイナリー見学や天空の町をプラスした
日帰りプランも人気です。


or1_20170218132321344.jpg
オルヴィエートの丘からの絶景の眺め
周囲は葡萄畑、オリーブ畑に囲まれてます。




0R5.jpg
オルヴィエート駅からケーブルカーで大聖堂へ昇ります。
心、ウキウキしてきます。中世の町へ




OR4.jpg
オルヴィエートの古い家々の街並みは美しいです。
瓦屋根って癒されます。
この街の景観を少しでも壊すことは禁止です
景観保護条例はとても厳しく護られてます。




or3_201702181323240d1.jpg
町のお祭りには村々の旗をかかげて祝います
中世時代から続く伝統です。




or2_20170218132322837.jpg
オルヴィエート大聖堂 
大聖堂内のフレスコ画、ステンドグラスは見ごたえあります
イタリアで一番美しい丘として称えられてます。

ローマ発:日帰り/半日プラン人気コースです
ローマナビネットがご案内します。

2017.02.10

絶景の天空の町へ

秘境-天空の町=チヴィタ・ディ・バーニョレージョは映画や旅行番組で
日本でも知名度がアップしました。イタリアではCMで人気になりました
中国からはイタリアの万里の長城として団体が押し寄せてます。
チヴィタ・ディ・バーニョレージョは四季ごとに変化する景観も楽しみです。
  



temk1.jpg
春先に温もり始めた頃、霧の発生する日が多くなります。
アンラッキーだと、天空の町は濃霧で覆われ真っ白になります。
写真一枚も撮ることができない残念なことも。
チョーラッキーだと霧の中に浮かぶ天空の町のファンタジックな写真が撮れます。




tenk2.jpg
天空の町へは急こう配の橋を昇ります。たいへんですが登った甲斐はあります。
数百年前の街並みや、数千年前の住居跡、厳しい風雨で浸食された自然の
景観などをイタリアの他の町とは少し違った風景を楽しむことができます。




tennkuu1.jpg
3月頃には桜に似た野生のアーモンドの花が咲き始めます。



P7212015_convert_20140722031958_2017021008570518b.jpg
夏から秋は激しい雷雨に見舞われることも、
風雨が強まると傘を拡げることもできません。
びしょ濡れ覚悟です。風邪ひかないように・・・・・。



P9034027_convert_20150904211359_20170210084333c47.jpg

ローマ発-天空の町=半日プランが人気です。
ローマナビネットまでお問い合わせください。

2016.11.05

天空の町チヴィタディバニョレッジョへ

天空の町チヴィタディバニョレッジョは隠れた絶景ポインとして
映画やCMで話題になり、ガイドブックにあまり紹介されていない
名所として有名になりました。
イタリアの美しい小さな村に選ばれました。
喧騒のローマを離れイタリアの田舎の町、日帰り小旅行お薦めです。


P9034027_convert_20150904211359_201610251025598f8.jpg
厳しい風雨で町が削られ小さくなっています。
1,5ユーロの入場料で村の保護、地盤強化の工事をしています





P7010137.jpg
村への橋の道は勾配がキツく体力が無いと、中々たいへん。
雨振り日は強風で傘が飛んでしまうこともあります。






P7010133.jpg
村はとても小さく15分で廻れてしまうほどです。
観光地として整備され村の特産品や郷土料理のレストランもあります。





P7010134.jpg
見晴台からの絶景は素晴らしいです。たいへんな思いして昇った苦労が報われます。
空気は美味しく気持ちよいです

ローマ発:半日 天空の町半日プラン お薦めです。
>ローマナビネットまでお問い合わせください。
2016.07.15

天空の町- 夏 

天空の町チヴィタディバニョレッジョは、最近の日本のBsテレビ番組で
詳しく紹介されまして、ローマから日帰りでご参加ご希望の方が増えてます。
今頃は途中の畑ではヒマワリが満開になりますが、今年はまだの様です。
野生の朝顔が満開でした。





P7043283_convert_20160715181629.jpg
野生なのか、どこからか種が飛んできたのか
青紫の朝顔が満開。







P7043289_convert_20160715181720.jpg
チヴィタディバニョレッジョー天空の町を眺めながら
ピクニックランチを楽しむ親子?






P7043285_convert_20160715181819.jpg
35度を超える猛暑日に急な橋を昇るのは、かなりハードです。
展望台からの眺めも素敵です。

ローマ発/半日 天空の町&オルヴィエ―ト 人気オプションです
お得なローマナビネットまでお問い合わせください。



2016.06.05

ウンブリアは夏が楽しい!!

ご無沙汰してしまいました。ブログのサーバーにログインができなくなり
焦ってドタバタしてました。悪いことは重なるもので、デジカメのバッテリーがダメになり
充電不能になり写真を撮ることができない...というダブルアンラッキーで
悶々としていました。多くの皆様にご心配をおかけしました。。゚(゚´Д`゚)゚。


P5282903_convert_20160605092812.jpg
すでに6月に入りましたが、初夏を迎えるはずのイタリアが天候不順で
中々夏らしい暑さになりません。 寒がりのイタリア人はダウンを着てたり、、、、
時々晴れ間がでるとカーッと暑くなり、ウンブリアの田舎でランチを楽しみにでかけました。
プールの反対側は湖を眺めることができます。



P5282895_convert_20160605092510.jpg
木漏れ日を眺めながらウンブリアの郷土料理のコースランチ





P5282901_convert_20160605092643.jpg

蔦でぎっしりと覆われたエントランス





P5282907_convert_20160605092940.jpg

建物全体も蔦に覆われグリーン一色
ノンビリとランチを食べながら初夏を楽しみました。




P5282891_convert_20160605091840.jpg
チビタディバニョレッジョ(天空の町)&アグリでランチ;....ローマ発日帰りプラン、 好評です。



2016.04.29

死の町から天空の町へチヴィタ・ディ・バーニョレージョ

チヴィタ・ディ・バーニョレージョ(Civita di Bagnoregio)は、イタリアの一大観光名所になり
昨日は大型観光バスが11台(午前10時台に)も停っていました。
土日、祝祭日には訪問者が1万人を超えるそうです。住人は10人ほどの小さな村に
  


P4282515_convert_20160429013211.jpg
団体の大半は中国人ツァーです。「イタリアの万里の長城」としてツァーの目玉だそうです
日本では映画「ホタルノヒカリ」で有名になりました。






P4282518_convert_20160429013321.jpg
イタリア国内ではCMに使われているそうです(自宅にテレビが無いので確認してませんが)
イタリア国内の遠足先としても子供たちに人気です。





P4282510_convert_20160429012933.jpg
「死の町」との看板があります。強風で地盤が削られ年々町は小さくなり
いつかは消えてしまうかも?と。
町は入村料金を一人1.5ユーロ回収し、町の地盤強化、インフラ、トイレ整備に活用してます。
私がチヴィタの見学ツァーを始めた16年前は見学者はゼロに近く誰もいませんでした。
「死の町」では売れないだろうと考え「天空の町」をコピーにしてお薦めしました。
映画「天空の城ラピュタ」に直接は関係無いみたいですが、イメージとして近く
日本で知られる様になりました。






P4282512_convert_20160429013053.jpg
展望台の土産屋では、絵付けした陶器販売の店などもできて繁盛している様子





P4282526_convert_20160429013544.jpg
オルヴィエート駅からバニョレッジョ行きのバス時刻表にはなんと
韓国語、中国語、日本語のアジア三カ国語表示です。
確かに外国人観光客はこの三カ国だけかも
ドイツ人は少し見かけるくらいです。


ローマ発;半日天空の町&オルヴィエートは人気コースです。
お問い合わせは ローマナビネット へ。
2016.04.08

ウンブリアは初夏の陽気

昨日は26度、初夏の陽気でした。こんな日は外へと
オルヴィエト近郊までハイキングを楽しみました。
一面、菜の花でとってもキレイ、ワイナリーの葡萄もカワイイ芽がで始めました。
今日から天気は崩れ、気温は10度ほど下がるそうです。ご用心ください。



P4072383_convert_20160408034726_20160408090412442.jpg

ワイナリーの葡萄畑の向こうは菜の花畑、一面がレモン色に染まってます。



P4072388_convert_20160408035141.jpg
まるでビロードのカーペット、
このレモン色は、夏には鮮やかな黄色のヒマワリに変わることでしょう。




P4072386_convert_20160408034845.jpg
葡萄の新芽が顔を出し始めました。まるで赤ちゃんの様にカワイイ





P4072377_convert_20160408034609.jpg
天空の街チヴィタディバニョレッジョでも野生の菜の花が咲いてました
どこからか種が飛んできたのでしょうか?

ローマから天空の街&オルヴィエート半日プラン
ローマナビネットまでお問い合わせください。
2016.02.01

大感動! 絶景のクリトゥンノの泉

世界遺産クリトゥンノの神殿の近くに自然に囲まれた
クリトゥンノの泉(Fonti del Clitunno)はあります。
テヴェレ川の支流クリトゥンノ川の始点で、きれいな透き通った水が涌きでてます。
四季折々の泉の色の変化がとても美しいとっておきの秘境。

PB120439_convert_20160201100800.jpg
私たちが訪れた時は見学者は誰も居ませんでした。
聞こえてくるのは鳥の囀り、湧き出る水、木々を通る風の音
とても静か、賑やかなローマとは大違い。
心も肺も洗われ清々しい気持ちになりました。





PB120429_convert_20160201095736.jpg



PB120430_convert_20160201095836.jpg



PB120454_convert_20160201101911.jpg
同じイキモノなら、こんな素敵な自然の中で生きたいと思う。



PB120434_convert_20160201100310.jpg



PB120436_convert_20160201100720.jpg
泉の中で繁殖している緑色に染まった水草は
絵具を溶かしたキャンバスの様で印象に残りました。
次回は新緑の季節に訪れたいです。

ローマ発日帰りドライブ ガイドブックに載っていない
秘境へも世界遺産にもローマナビネットがご案内します。