2016.12.18

ローマのクリスマスツリー

ローマのクリスマスツリーで有名なのはバチカン市国のサンピエトロ寺院前
コロッセオ、スペイン階段、ヴェネチア広場です。
ローマはカトリック総本山のお膝元なので、聖夜は厳粛に静かに過ごすべしと
数年前まではバチカンにはクリスマスツリーはありませんでした。
クリスマスツリーはキリストとは無関係でゲルマン系民族の樹木信仰からの
発祥と言われています。
カトリックの本場だからクリスマスは質素に行います。


ローマのツリー
4年前のベネチア広場前のツリーと装飾です。
この頃はローマも経済的に豊かだったのでしょう。
年々経済的な行き詰まりがイルミネーションに反映しました。



381996_417441964993702_118196904_n.jpg

翌年からは巨大なツリーを1本、ドンと飾ってます。
ハデハデなイルミネーションは年を追うごとに減り
淋しいですね。

クリスマス夜景散策ツァー好評です
お問い合わせはローマナビネットまで!

Posted at 10:53 | 季節の話題 | COM(0) |
2016.10.29

サマータイムの終わり、冬の始まり

ヨーロッパのサマータイムは10月30日夜明け3時で終わり
3月26日にサマータイムが始まるまで日本との時差は8時間になります。
サマータイムを終えると観光客のデメリットは日照時間が短くなり
観光時間が少なくなること。18時頃は真っ暗になります。
暗くなるとアブナイからホテルに早々に戻らなくては....って。




RIMG3910.jpg
毎年のことですが、時計の時間を変えなくてはなりませんし
滞在中のお客様にもお伝えしなくては、時間を間違えて乗り遅れない様に...





RIMG3906.jpg
日照時間が短くなると洗濯ものの乾きにも影響して
室内で乾燥させる機会が増えてきます。





RIMG0567.jpg
観光客にとってのメリットは早い時間からイルミネーション散策できることです
夏は21時でも暗くならないけど、冬は18時には暗いから、
イルミネーション散策→ディナーとスムーズにご案内できます。
コンサート、オペラ鑑賞もお薦め!

ローマナビネットはイルミネーション散策もご案内してます。

Posted at 02:05 | 季節の話題 | COM(0) |
2016.07.08

夏のイタリア旅行で注意したいこと!

夏のイタリア旅行の7つの注意をまとめました。
夏休みで閉まるレストラン、ブティック、減便する交通機関
夏は休むものと決めいているイタリア人
夏だからこそ楽しめるイタリアでもあります。
イタリアへご旅行される方はご参考にしてください。


P7033271_convert_20160706112440.jpg
(大自然の中のウンブリアのアグリツーリズモ)

①強烈な太陽ですのでサングラス、帽子、タオルは必需
②夏休みで閉まるレストランも多いです。
 ディナーは事前に予約がお薦め
③地下鉄、市バスのチケット売り場のタバッキはお休みが多くなります
 駅構内の自販機は故障中も多くなります
 事前にテルミニ駅構内の売店で用意しましょう。



P7033280_convert_20160706112528.jpg
(服装)
④膝や肩が出る服装は教会に入ることができません。
バチカン美術館内のシスティーナ礼拝堂
真実の口にも入ることはできません。




P7043286_convert_20160706112615.jpg
夏はほとんど雨は降りません。
外のネコはどうやって飲料水を確保しているのだろう?。

⑤1時間も歩いていると咽がカラカラに乾きます。
街の売店、バールのミネラルウオーターは割高です
事前にスーパーで購入をしておきましょう。
マメに水分の補給は大切です。





P7053294_convert_20160706112653.jp<br />g
ポルトゥヌス神殿(紀元前75年)

⑥8月15日はイタリアの祝日で史跡、美術館が閉まることもあります
トレビ、コロッセオ、ナボーナ広場、パンテオンなど外観からでも
楽しめる史跡が多くあります。

⑦8月半ばから9月始めまで夏休みをとる店が多くなります
 郊外のアウトレットやショッピングモールはオープンしています。
 スーパーはオープンしますが、売り切れ品の補充をしていなく
 カラの棚が目立ってきます。
 
ローマナビネットはイタリアの見どころをご案内します。




Posted at 14:27 | 季節の話題 | COM(0) | TB(0) |
2016.07.01

ローマ散策-夏

ローマは暑すぎる昼間を避けて比較的涼しくなる夕刻から
ローマ人は散策します。
夏の夜の楽しみは野外コンサート、野外オペラ
野外の映画鑑賞もお薦めです。



P6303218_convert_20160701152137.jpg
テベレ川ティベリーナ島に設置された夏用野外映画館
街の広場にも野外映画館は設置されたりしてます。
暗くなる時間は21時半頃なので映画開始時間は遅くなり
観光客が鑑賞するのは難しいかも。




P6303222_convert_20160701152256.jpg
ローマ名物の笠松と満開の夾竹桃
夾竹桃が咲きはじまると、夏がきたなって思います。




P6303217_convert_20160701151933.jpg
ティベリーナ島ファブリキウス橋
現存する最も古いローマの石造アーチ橋で、紀元前62年に架橋された
橋の中央の穴は、洪水時の水圧を押さえるため古代の智慧です。

ローマ散策、 ローマナビネットがご案内します。



Posted at 07:53 | 季節の話題 | COM(0) |
2016.06.28

ローマは猛暑襲来

6月は例年に比べ気温が低く過ごしやすい日が続きましたが
先週から今週末にかけて猛暑襲来です。
天気予報では最高気温36度、石畳の反射熱が加わると
40度を超えます。
夜間、早朝は比較的涼しく救われます。
熱中症に十分ご注意ください。


P6273213_convert_20160628121534.jpg
スペイン階段前
火照った体を冷やしたくなるし、咽はカラカラに渇きます。
タオル、水、帽子、サングラスは欠かせません。




P6113167_convert_20160628121917.jpg
夏に咲く花/ケッパー=和名:棘風蝶木
イタリアではカペッリと呼ばれ、蕾を塩やオイルで漬けたのを
香辛料としてピザや、パスタのソースに利用します
刻んでバターと混ぜたものはモンペリエ・バターと呼ばれスモークサーモンに合います。
Posted at 04:47 | 季節の話題 | COM(0) |
2016.05.27

イタリアの初夏を感じるマルグッタ通り

朝晩は涼しく、羽根布団で寝てますが、日昼は30度を超える勢いの暑さになりました。
ショピング、観光で賑わうスペイン広場周辺でも少し路地に入ると、観光客は途絶え
アンティック店、画廊が並ぶマルグッタ通りは自然との共生が見事な素敵な通りです。
かつては映画ローマの休日』の新聞記者のアパート見学で賑わいましたが
策で覆われ中に入って見学はできなくなりました。


P5252870_convert_20160527095604.jpg
満開のブーゲンビリア、彫刻の像も隠れてしまうほど。





P5252872_convert_20160527100031.jpg
緑が少しあるだけで、涼しそうです。






P5252873_convert_20160527100153.jpg
緑の清涼感を越え逆に暑苦しいかも....






P5252867_convert_20160527095446.jpg
無花果の樹の木陰で休憩中の自転車







Posted at 02:26 | 季節の話題 | COM(0) |
2016.01.17

暖冬から厳寒? ローマの天気

ローマの今週末は最低気温は氷点下になる冷え込みです。
やっと1月らしい気温になったと、ホット安心するイタリア人も。
しかし寒いのは月曜までで、まだ暖冬に戻る様です。




P1161830_convert_20160117121604.jpg

土曜の夜(19時半)なのに歩く人は少ないコルソ通り
寒いからか? 観光客が減っているのか?





P1161864_convert_20160117121830.jpg
寒くても外のテラス席で食事が好きな観光客。
私なら中で食べます。 ①料理が冷める②盗難に遭いやすい


冬のローマ散策 ローマナビネットにお任せください。


Posted at 04:34 | 季節の話題 | COM(0) |
2016.01.12

ローマはもう春?異常な暖冬日和続く

昨年10月くらいから季節らしい気温にならず
生温かな日がず~~と続いています。
我が家の暖房はほとんどオフにしてます。
ジロー(愛猫)抱えて寝ていれば温かだし.......
イタリアは晩秋から冬の季節は集中して雨が
降るのですが、ほとんど雨は降りません。
これだけ好天が続くと、「よくないなぁ~」と
さすがノー天気なイタリア人も心配します。
作物にも影響してきますし
「おかしいんじゃないの?」って


P1121788_convert_20160112233140.jpg
すでにモミザの花が咲きだしています。
ミモザは3月の始めに咲く花です。




P1111736_convert_20160112233435.jpg
昨日の早朝にヴェネチア広場前のツリーを片付けたところなのに......
観光客にとってみれば暖冬で好天続きはラッキーなのですが...... ..

イタリアのご案内はローマナビネットにお任せください。

Posted at 15:53 | 季節の話題 | COM(0) |
2015.12.30

イタリアの大気汚染は深刻

ローマとミラノで年末はマイカー運転禁止例がでました。
時間を決めて運転を禁止するか、末尾ナンバーが偶数と奇数で
交互に運転させるか、汚染度の度合いにもよるそうです。
ローマはドライバーに1.5ユーロで1日乗り放題のバス券を配ってます。

詳細報道は東京新聞に詳しいです こちら 

イタリアは11月頃は雨が多い季節ですが、今年はほとんど雨が降らず
1カ月以上晴天続きで大気が雨で洗われず、汚染が深刻になりました。
幸い?にして年末から年始にかけて10日間ほど雨続きとの予報です。

PB100105_convert_20151230111638.jpg

空が煤んでいるのは大気汚染
イタリアは排ガス規制していません
狭い路地に車の渋滞
冬に深刻になるのは部屋の暖房(オイルヒーター)で
屋根の煙突から汚染が排出されるからです。
1日、外を歩くとサラサラだった髪が
夕刻になるとベットりします。
私は自宅に戻ると手洗いはもちろん
ノドウガイ、ハナウガイ、眼も洗います。


その場凌ぎ、お天気に頼るのではなく
抜本的な解決をして欲しいけど
町中のトイレ事情と同じで
観光客が快適に旅行できる街づくりは遅れてます。
なぜ?って
なにもしなくても観光客は訪れてくれます。
1泊5~6€の高額な宿泊税を徴収するなら
財源を観光客のために活用して欲しいけど....ne



PB100138_convert_20151230111506.jpg
古いアパートは屋上やテラスが無いので、外に洗濯物を干すけど
大気汚染で黒くなってしまうし、臭いもつく




P7010134_convert_20151230115642.jpg
ローマの郊外に出るとホットします。 肺にいっぱい美味しい空気をいれて掃除をします。
自然の中のアグルツーリズモに1泊でも滞在するのは理想ですが
観光日程で時間の無い方はローマから半日で
オルヴィエート&天空の町へ出てみるのもお薦めです。
お問い合わせは ローマナビネット まで






Posted at 04:05 | 季節の話題 | COM(0) |
2015.12.22

クリスマスと共にローマに訪れる人たち

年の瀬になると聴こえてくる音があります。
ローマでは山奥から羊飼いが下りてきて
羊皮のバクパイプを吹いて町を廻ります。


PC201342_convert_20151222230352.jpg

ザンポニャーリと呼ばれる独特のバグパイプを演奏する羊飼い。
羊飼いたちは降臨節(クリスマス・イブまでのノヴェナ(9日間の祈り)の
期間にローマに出てきて、街角の聖母マリア像の前で
ピッフェロ(オーボエの一種)とザンポーニャ(en:Zampogna。
バグパイプの一種)と単調な歌を演奏します。
この楽器は羊の革で作ります。ローマの東、モリーゼ州の山岳地帯の名産です。
のどかな笛の音が流れてくると年の瀬を感じます。



PC201343_convert_20151222230515.jpg

この女性たちは何故、冬の寒い日に薄着をしているのか?
何をしようとしているのか、よく分かりませんでした。





PC201408_convert_20151222230641.jpg

「絵」の様な風景でしたので、思わず撮りました。
日本ですと石焼き芋でしょうか?
焼き栗売り 風物詩です。
熱々の栗をポケットに入れてカイロ変わりに。


ローマ散策、ローマナビネットがご案内します。



Posted at 15:33 | 季節の話題 | COM(0) |