2016.09.30

カラバッジョを観にマルタ島へ

マルタ共和国へ訪れたかった一番の目的は
マルタ島にある聖ヨハネ准司教座聖堂で描かれた
カラバッジョの大作「聖ヨハネの斬首」を見るためです。
西洋絵画究極の傑作と称賛されている絵画です。
361x520cmという大作、圧倒的な迫力,静謐と激しさ.....
カラバッジョは何故、唯一この絵にサインをしたのでしょう?
.....しかもカラバッジョ自らの血で................?
ローマからマルタへ逃れてきたカラバッジョ、何を伝えたかったのでしょう?




P3080205.jpg

聖ヨハネ准司教座聖堂(1578年建造) 世界遺産
天井には守護聖人、聖ヨハネの生涯が描かれています。
身廊の床全体には約400枚のモザイク画で埋め尽くされています。
聖堂内にはマルタ騎士団を構成した騎士たちの
礼拝堂がそれぞれの言語別に8つあります。
豪華絢爛で見事な聖堂。






P3080203.jpg

付属礼拝所(現美術館)
奥の正面にカラバッジョの大作「「聖ヨハネの斬首」はあります。
見学者が少なく、静かにゆっくり鑑賞できるのが嬉しいです。






P3080211.jpg

「聖ヨハネの斬首」
写真撮影厳禁ですので、ポスターより転載
まるで舞台の様に圧倒する迫力ある構図
耳を覆う悲痛な老婆、窓から眺める傍観者たち...
忠実に淡々と職務をこなす人たち







P3080209.jpg

次の作品「執筆する聖ヒエロニムス」は当初は写真の様に
イタリア語の礼拝堂の入り口の上に飾られてました。
こちらはレプリカです。ホンモノは付属礼拝所(現美術館)に
「聖ヨハネの斬首」と共に治めています。







P3080212.jpg
「執筆する聖ヒエロニムス」
カラバッジョは3枚のヒエロニムスの題材の作品を描いてます
ボルゲーゼ美術館(ローマ)とモンセラート修道院附属美術館(スペイン)にあります。
ダビンチは荒野の聖ヒエロニムス(バチカン美術館)を残してます。

ギリシア語、ヘブライ語をはじめ諸言語に通じ、豊かな古典知識を備えたヒエロニムスは、
神学の水準向上と聖書研究の歴史に大きな足跡をしるしている。
ゴート族の侵入によってローマが占領される同時期の人物
このことについて嘆く手紙を残している。



P3080208.jpg

マルタ共和国の旅 お薦めです。




2016.09.26

マルタ島の名物料理はウサギです。

マルタ島の郷土料理はウサギのシチューです。
英国統治時代の影響でしょう。
郷に入れば郷に従いましょうと 
お薦めのウサギ料理を食べてみました。




P3080335.jpg
ウサギのシチュー
ウサギの生前の部位が確認できる形です。
慣れない女子は卒倒するかも。
脂肪が少なくサッパリとした鶏肉に似た味です。






P3080337.jpg
オードブルのタコのトマト煮 
新鮮な柔らかいタコで、タコの頭をガブリと齧っても抵抗ないのは
慣れでしょうか?





P3080334.jpg
前菜のブルスケッタ
左前の白い器のベージュのクリームは
ヒヨコ豆とガーリックをミックスしてムース状にしたペースト
トーストパンにつけて食べると美味です。





P3080336.jpg
注文した料理を揃えて撮りました。
ピザも注文したのを忘れてました
どの料理も美味しかったです。
辛口の白ワインによく合いました。




P3080330.jpg
食事を終えた頃はすっかりと暮れ、丘からの眺めが美しかったです。

2016.09.24

マルタ島はシチリアの隣なのにイギリス的

マルタ共和国はイギリス領時代の面影が残り、現在でも英国連邦です。
シチリア島が隣なのに、ラテン系のダラッとした雰囲気は感じはなく
町もきれい、予算が足らないのか町の建物はほどんど修復してません。
...... そんなところが却ってノスタルジックで安堵できます。



P3080236_20160924112030bda.jpg
衛兵 






P3090358_20160924112032323.jpg
日本の様にネオンサインに溢れることのはありません
夜の町ってとても静か.....
夜間遅く、町を歩くなど想定していないでしょう。




P3090417.jpg
滞在したホテルの朝食用のルーフガーデンからの風景







P3090428.jpg
電話ボックスやポストも英国風(現役です)


2016.09.21

マルタ島は坂の町

マルタ島はお薦めの島です。英語が公用語の一つだから楽です。
イタリアの様に危険の空気を感じない、史跡も多い、親切!
1週間くらいノンビリ滞在して、隣のシチリアへ船旅をしたり
島巡りを楽しんだり、過ごしてみたい島ナンバーワンです。



P3080263.jpg
古い建造物が建ち並ぶ歴史地区






P3080258.jpg
とても長~~~い階段が多い







P3080225.jpg
中世の街並みを抜けるとブルーな海が拡がります。






P3080221.jpg
狭い道にパーキングしたり、車の往来が激しかったり
歩くのもたいへん。






P3080222.jpg
少し高台に昇ると島全体を俯瞰できるスポットがあり
坂道を昇ってきた苦労が報われます。





P3080199.jpg
急な坂道が多くて,,,, 日頃の運動不足がモロにでますよ、

マルタの素敵な旅写真、、まだまだ続きます。
2016.03.10

マルタ共和国 絶景の夜景!大感動!!

世界三大夜景は函館、香港、ナポリと言われてます。
私はマルタ共和国 バレッタ(世界遺産の町)の夜景を薦めたい
写真では大感動をお伝えすることができず残念です。

石器時代からすでに人類が生活を始め、フェニキア、カルタゴ
ローマ共和政・・・・・・とても長く深い歴史が凝縮した小さな島
マルタ共和国として独立するまでに沢山の戦争を繰り返したことでしょう

今は、ただゆっくりと暮れ泥む海を眺め
美しいなぁと感嘆できる幸せに感謝です。

余分な写真説明は邪魔ですね
マルタ島の海の夕暮れ、楽しんでください。


P3090390_convert_20160310010438.jpg




P3090377_convert_20160310010320.jpg




P3090373_convert_20160310010146.jpg




P3080319_convert_20160310005903.jpg




P3080310_convert_20160310005637.jpg




P3080315_convert_20160310005748.jpg





P3080323_convert_20160310010026.jpg