2017.04.27

セルビア旅行プランのお薦め

セルビア共和国(旧ユーゴスラビア)に長年住んでいる友人より
セルビア旅行プランが届きました。
フランスやイタリア、ドイツの西ヨーロッパを巡る旅から
東欧、中欧を廻る旅行が注目を集めてます。
これからの旅行のご参考にしてください。

【プラン①】 
セルビアのアドベンチャー・エコツーリズム

<1日目> ベオグラード泊
夜 ベオグラード到着
空港からホテルへ

<2日目> ベオグラード泊
ベオグラード市内観光 

午前、
・ドナウ川とサヴァ川が合流する高台に建つカレメグダン公園
・歩行者天国(クネズミハイロバ通り)を散歩&ショッピング
・このほか聖サヴァ教会、空爆跡地などを観光

belgrade-968778_960_720-resize.jpg

(オプション)
・コバチッツァ村を訪ね、村人の素朴なナイーブアート(メルヘンアート)鑑賞

コバチッツァ村1
・19世紀の芸術家のたまり場、スカダリア通りで
 軽快な民族音楽を聴きながら楽しいお食事


<3日目> ズラティボール泊
避暑地ズラティボール、エコ村シロゴイノ、
モクラゴーラの蒸気機関車“シャルガン8”、映画村を観光

・ズラティボールでセルビア伝統料理
セルビア語で「黄金の松」を意味するズラティボールは、標高1500mに位置し、
湖もあることから夏は人気の避暑地、冬はスキー場としてにぎわいます。
空気が清浄なことで、療養地にもなっています。
スペシャルな伝統のエコ料理が味わえます。

ズラティボール3
リゾート村ズラティボール


・シロゴイノ(エコ村)
100~200年前のセルビアの村を忠実に再現した野外民俗博物館があり、
農民の家屋、農機具、馬車、ブランデー蒸留器などが展示されています。
この地方特産の手編みのセーターがお薦め。

シロゴイノ4
シロゴイノ(エコ村)


・シャルガン・エイト
モクラゴーラ村の呼び物は、1999年に復元された「シャルガン8」という鉄道。
往年の82型蒸気機関車が、木造客車を引いて22ものトンネルをぬけて
13.5kmを走ります。山間の断崖を走りぬける、2時間半のスリリングな旅です。

シャルガン・エイト5
82型蒸気機関車

・映画村 ドゥルヴェングラード
カンヌ映画祭パルムドール賞を2度受賞した
映画監督エミール・クストリッツァにより建造



<4日目> ズラティボール→ウヴァッツ→ジャボラ・ヴァロシュ
→プロロム温泉泊
・ウヴァッツ Uvac
自然保護区に指定されている267ヘクタールの広大な渓谷には、
世界でも例を見ないクネクネと蛇行した川が6キロに渡って流れています。
シロエリハゲワシが生息する自然の宝庫としても知られています。

ウヷァッツ6
ウヴァッツ Uvac

・「悪魔の町」ジャボラ・ヴァロシュ
「世界の自然七不思議」の候補にもあがった“ジャヴォラ・ヴァーロシュ”には、
先の尖ったゴツゴツの奇岩が連なり、「赤の煮え湯」「悪魔の水」と呼ばれる温泉が
吹き上がり、“悪魔の町”の不気味な雰囲気が漂っています。
ジャボラ・ヴァロシュ7
ジャボラ・ヴァロシュ



<5日目> プロロム温泉→ネゴティン→ベオグラード泊
・ワインセラー ネゴティン
セルビア東部ネゴティン(Negotin)を周辺とした地域は、ワイン作りが盛んです。
ひんやりした石造りのセラーのなかは、ワイン作りに適した温度が保たれており、
手作りで作っている様子が見学できます。


<6日目> ベオグラード→帰国



Posted at 06:25 | 中欧の旅 | COM(0) |
2017.04.06

「騎士団長殺し(第1部)」に出てくるプラハのオペラ歌劇場って

村上春樹の新刊「騎士団長殺し」にプラハの
小さなオペラ歌劇場が出てきてびっくり!
モーツアルトが「ドン・ジョバンニ」を初演した由緒あるオペラ座
今回の旅でプラハを選んだのは、このオペラ座で
「ドン・ジョバンニ」を聴くためでした。
ホテルはオペラ劇場から徒歩3分の目の前に予約しました。
しかし、とっても残念なことに、旅行出発寸前に「ドン・ジョバンニ」の
オペラ公演は中止になってしまいした。
地元の方は次回のお楽しみで済むでしょうが、
この由緒ある劇場で「ドン・ジョバンニ」を聴くことができなかったのは
とっても、とても残念でした。




IMG_1170.jpg
「ドン・ジョバンニ」の初演は、作曲を依頼した
プラハのエステート劇場(スタヴォフスケー劇場)
1787年10月29日にモーツァルト自身の指揮で行われた




Stavovske-divadlo-1.jpg
客席の少ないこじんまりした美しい劇場
(客室の写真はオペラ座サイトより借用)
モーツアルトはこの劇場の依頼で「ドン・ジョバンニ」を作りました。
音響効果や歌手の声量など緻密に計算したことでしょう。
映画「アマデウス」はこちらで撮影しました。






IMG_0969.jpg
村上春樹「騎士団長殺し第1部」より抜粋
プラハは「ドン・ジョバンニ」が初演された、街です。
劇場も小さく、オーケストラの編成も少なく、
有名な歌手も出ていませんが、とても素晴らしい公演でした。
歌手は大劇場でやるときのように、大きな声を張り上げる必要は
ありませんから、とても親密に感情表現を行うことができるんです。
モーツアルトのオペラのような作品に必要なのは、室内的な親密さです。
プラハの歌劇場で聴いた「ドン・ジョバンニ」はある意味
理想的な「ドン・ジョバンニ」だったかもしれません。
これまでいろんな「ドンジョバンニを」を聴く機会がありました。
でもプラハで聴いた「ドン・ジョバンニ」が不思議に心に残っています。

続きを読む
Posted at 10:08 | 中欧の旅 | COM(0) |
2017.03.30

ドナウの真珠-ブタペスト

ドナウの真珠、ドナウの薔薇と美しいと称賛される中欧のブタペスト
ドナウの旅人に憧れ訪れた町は、想像を10倍も超える美しい都市でした。
 中欧で美しい町、プラハとブタペストの旅の写真をブログでご紹介していきます。


IMG_1489.jpg
ブタペストのドナウ川沿岸には古城、教会など歴史的建物が林立し
散策やクルーズにお薦め






IMG_1506.jpg
ブタとペストの2つの町を結ぶ橋、日本語では鎖橋と訳されてます。
橋の向こうに聳えるのはブタ王宮




IMG_1468.jpg
ドナウ川
川幅が広く、大型運搬船も楽に就航してます
夜には文字通りドナウの真珠の様に光輝きます
(後日にドナウのイルミをご紹介します)




IMG_1391.jpg
対岸の立派な建造物は国会議事堂
(後日に国会議事堂訪問記をご紹介します)

ブタペストの町散策.... お薦めです!



Posted at 08:11 | 中欧の旅 | COM(0) |
2017.03.28

プラハの春

世界を旅した方たちに「どの都市がもっとも美しかった?」と
尋ねると大半の方は「チェコ共和国のプラハ」と絶賛です。
世界第二次大戦で中欧の大半の都市は破壊尽くされましたが、
プラハは奇跡的に戦禍に巻き込まれず美しい中世の街並みが残ってます。
一度は訪れたい憧れの都市。



IMG_0955.jpg
カレル橋より対岸の旧市街と城下町の眺め、
このアングルからが一番美しい




IMG_0953.jpg
ヴルタヴァ川(チェコ語)よりモルダウ川(ドイツ語)の方が
日本には知られている川の名前です
遠く離れた町に林立する工場から立ち上る煙は
なぜか私の目に沁みました。



IMG_0924.jpg
ホテルの部屋の窓からの眺め
赤い瓦の屋根を満月が静かに照らしてました。



IMG_0847.jpg
ブルタバ川はスメタナのモルダウ『わが祖国』を聴きながら
旅すると涙がこぼれるほど感動します。







IMG_0843.jpg
城下町の風景




IMG_0826.jpg
カレル橋へ
春から秋のもっとも美しい季節、訪れる多くの観光客を魅了することでしょう。

Posted at 10:13 | 中欧の旅 | COM(0) | TB(0) |