2009.08.03

燕の群舞で目覚めるトスカーナの朝

アレッツオ郊外の山奥の民家に1泊しました。周囲を山に囲まれとても静かで
ローマの猛暑が嘘の様に涼しく、グッスリと眠れました。驚きの朝が....
2階の部屋の窓に向かってツバメがどんどん向かってくるのです。
100羽はくらいが次から次へと.....まるでヒッチコックの「鳥」みたい
DSC08570.jpg
2階の右手前が私が泊まった部屋です。ツバメはカメラを向けると他へ飛んでしまうので
写真にはほとんど写っていませんが.....

DSC08573.jpg
部屋の窓からの風景 、電線から落ちないようにつかまってます。
大家さんに尋ねたら、ツバメは集合場所を決めていて、他の国に
渡る前に、1度 全員で集合して確認してから余所に飛ぶ習性があるんですって
たまたま、山の中腹にあり目立つ家がツバメに選ばれたのだろうと...
数日で他の国へ飛び去ってしまうそうです。

DSC08571.jpg
.......こんな自然との触れ合いって、都会では味わえません
のんびりとイタリアの田舎滞在お勧めします。


この記事へのコメント
なんだか素敵な話しです。
このツバメ達はイタリアの次は、どこの国に行くのかな。

数日間の貴重な「ツバメのアレッツオ滞在」
それに居合わせた横山さん、
もしかして、鳥類を呼び寄せるパワーをお持ちなのでは..。
Posted by akiko-ume at 2009.08.03 22:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する