2009.09.10

変貌するローマ

これらの写真を眺め、ここがあのローマ?って思われる方も多いでしょう。
EU統合に伴い多くの移民がイタリアに流れEU国以外の外国人も増えました。

DSC07142.jpg
テルミニ駅28番線側出口付近にて、この辺はアフリカン系が多いです。

DSC09082.jpg
テルミニ駅付近のローマ最大の生鮮市場
販売員はインド系、アフリカン系、チャイニーズ系が大半でイタリア人は少ないです。
エスニック系の食材が溢れてます。

DSC09083.jpg
生鮮市場内の魚売り場、全員がインド系です。

最近は町の花屋もインド系(バングラディッシュ人?)が増えました。
イタリア人(ヨーロッパ系)との差は、誇りを持って商いをしてないこと。
いかに儲かるかしか考えてないのではと思ってしまいます。
花を買おうとしたら、20ユーロって、他と比べ高いというと
10ユーロって下げてきて、それって、はじめからボッタくってるんじゃん
そんなところで買えるかって思いますよね。
イタリア人でさえ、そんな見え透いたボッタクリはしませんもの、
ダメモト、その時儲かればいいという考えはイタリア人よりヒドイ。

この市場の近くにビットリア広場という地域がありますが
アパートが他と比べ30~40%ほど安い。
なぜか? いつの間にかチャイニーズタウンになってしまい
地域全体が汚れ、スラム化しているからです。
同地域に外国人が多くなると子供の教育水準が下がるといわれてます。
言葉ができない子供たちが増え授業が進まないからです。

私が住むトラステーベレ地域も中国人経営のピザ屋、雑貨店が増えました。
反面イタリア人経営の店が消えていきます。最近はトマトまで中国からの
輸出が増え社会問題になってます。
町の切り売りピザ屋経営はエジプト人が増え、ケカブを置くようになりました。
極右は外人排斥を煽ってますが、煽りながらガス抜きをしているだけであり、
根はとても深いところにあるように思います。
どんどんと右傾化していくのは確実で、あのベルルスコーニ首相が高支持率を
保っていられる所以でしょう。
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しく拝読させていただいております。書き込みは初めてです。
私もローマ在住で、こちらのマーケットに興味があり書き込みをさせていただきました。この写真からみて間違っていなければサンタ・マリア・マッジョーレ辺りの写真ですよね?恐れ入りますが詳しい場所を教えて頂ければ幸いです。
Posted by papera at 2009.09.11 02:50 | 編集
管理者にだけ表示を許可する