2009.11.02

イタリア洗濯事情

イタリア(ヨーロッパ)と日本って洗濯物の干し方に違いがあります。
日本は庭先やベランダの物干し台や干し竿に大きく広げて
少しでも太陽を浴びるように干すけど、イタリアはテラスで腰より低い
物干し台に干します。余所から見えないように干すのが基本。
sori2.jpg
この様に干すのは異例です。古い(300年前くらい)はテラスや中庭がなく
屋上もないので、この様に干すしか方法はないようで...特例ですね。

日本で暮らす欧米人でも決して外の干し竿に洗濯物を広げないで
しっかり脱水、乾燥させて室内に広げてます。

私たちにとって当たり前のことが習慣、文化の違いで異なることがあります。
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しく拝読させて頂いております。洗濯物の干し方でも文化の違いを感じられるので面白いですよね。

この洗濯物の干し方、イタリア内でも北と南で大分差があるような気がします。北の家では、物干し台を置けるバルコニーまで大家さんから指定されていました。(マンションの外見を壊さないよう中庭側のバルコニーを使うようにと)南に行けば行くほど、ビルとビルの間にロープを張って洗濯物を干していたり自由な雰囲気になっているような気がします。

Posted by papera at 2009.11.02 18:40 | 編集
管理者にだけ表示を許可する