2010.01.04

星屑パスタ入りカボチャ・ズッパ

ローマは今週上旬は少し冷え、雨の多い日が続きます。
こんな日のランチは体が温まるイタリアンを作りましょう。
イタリアでは飲むスープはミネストローネとかコンソメスープと呼ばれ
噛んで食べる具の入ったスープはズッパと呼ばれます。
きょうはカボチャを使った、パスタ・ズッパを作りました。

DSC09971.jpg

朝市でカボチャを500gほどカットして売ってもらいます。
イタリアのカボチャはデカイから、その場で必要な量だけ切り売りします。

DSC00117.jpg

手前が細かい星屑の形をしたパスタ
奥は太っちょなポロ葱、旬です。


カボチャを親指の先くらいにカット、葱を細かくカット
鍋に牛乳と南瓜、葱を入れてかき回しながら
柔らかくなったら杓文字で潰してクリーミィーにします。
塩胡椒で味付け、茹で上がった星屑パスタを和えて完成!

DSC00115.jpg
カボチャのオジヤみたいに見えますが、パスタ入りです。
イタリアンって身近な食材を利用して簡単に美味しく作ることができます。

時々、イタリア料理レッスンの写真撮りしてますので、
見ながらコツを覚えてます。
美味しく作るコツを覚えるって大切なことだと思う。
この記事へのコメント
わぁ、このズッパ手作りですか?美味しそー!!
体が温まりそうなお料理ですね。

かぼちゃは切り売りしてくれるんですね、知らなかったです。
Posted by akiko-ume at 2010.01.05 12:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する