2010.01.30

ローマに「謎の鳥」舞う

冬になると椋鳥の大群がローマの空を覆おうように何十万羽も押し寄せます。
椋鳥は帰趨本能があるのか毎年、同じ所に戻るようです
これらの写真はローマテルミニ駅前500人広場から眺めた空!

DSC00434.jpg
写真では分かりにくいですが、時には空が真っ暗になるほど群れます
テルミニ駅以外ではEUR地区でも椋鳥の大群が観察できます。
遠くから見ると黒い塊が動いているようで、ヒッチコックの映画「鳥」みたいです。

DSC00439.jpg
テルミニ駅前500人広場の樹に停まり骨休めします。
この樹の下は糞で真っ白になるほど....
いつごろからテルミニ駅にこれだけの椋鳥が集まる様になったのでしょう?
照明の明るい下に集まるのは、他の野鳥からの攻撃を防ぐためとか、
お互いに情報交換の場にしてるとか、だそうです。
巣は他の所にあり、カモフラージュに集合するとも本に書いてありましたが
どうなんでしょう?

冬の夕刻、空からの糞攻撃にあわないよう、テルミニ駅ではご注意を!

(昨日のクイズはマキさんが正解でした)
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2010.01.31 10:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する