2010.07.19

知られざる南イタリアの世界遺産を訪れる

イタリアの世界遺産ってどのくらい訪れてます? ローマやフィレンツェなど
知らない内に世界遺産を歩いている方も多いでしょう。
私は以前から気になっていた南イタリアの世界遺産の修道院を訪れました。
初日は「もう一つの青の洞窟」に行く予定でしたが、電車の窓から眺めていると
見る見る内に曇ってきまして、旅程を変えてサプリ駅から車で世界遺産を目指しました。

南イタリアドライブはローマナビネット

パドゥーラ修道院 (別名:サン・ロレンツォ修道院)はパルマの修道院に次いで
イタリアで2番目の大きさ,1998年に世界遺産に認定。
バロック様式、320以上の部屋、50,500m²の広大な面積。

世界遺産でありながら訪れる観光客は稀で私たちの他に1組の家族だけでした。
5名ほどの案内人は暇なのか、詳しく説明してくれました。
私は「世界遺産」として荘厳なのより、世界遺産でいいのかしら?って思わせる
控えめな史跡が好きです。

南イタリア・アグリ滞在はローマナビネット

広い修道院内は部屋数多く、フレスコ画や装飾が見事です。
しかし....ところ、どころに絵画の空白があり、かつて
見事な絵があっただろうなとイメージできます。
「 ここにかけられた絵はどこ? 盗難に遭ったの? 」って尋ねましたら。
「 そうだ、1860年にナポレオンがほとんどの絵画を持ち去った
  今はパリのルーブルで見ることができる 」と忌々しく説明してました。

ルーブル美術館で、どれだけの人がここに飾ってあった絵画に
目を止めるでしょう? イタリア人でも分からないのでは。

南イタリア・アグリ滞在はローマナビネット

世界最大の回廊(12,00㎡)84本の柱に囲まれてます、
かつては芝の部分は墓地で周りの小部屋で修行僧が暮らしてました。

南イタリアドライブはローマナビネット

こちらの修道院に来たかったのは、この写真を見た時
回廊と山上の町のコントラストがとても不思議だったから
いつの日か訪れてみたいって思ってました。
上の村は修道院が作られる前からすでにあったそうです

南イタリアドライブはローマナビネット

丘の上に昇って撮ってみました。
広大さ、建造の見事さがよく分かります。

観光客の訪れることの少ない南イタリアの世界遺産
素晴らしいです。感動しました。

南イタリアのアグリツーリズモに泊まって世界遺産巡りや
もう一つの青の洞窟ボートツァー 楽しみません?
お手軽な1泊滞在プランを作りました。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する