2010.11.13

和 vs イタリアン・フルコース食べ比べ

ひょんな出会いから1日でフルコース料理を2回も食べることになりました。
当日のディナーはすでに予定してたのですが、何と、同日にランチも.....
某大使公邸のご招待ですのでお断りはもったいない。
ランチ&ディナーのフルコース日和になりました。

si2.jpg
某大使公邸のサロン、奥にダイニングがあります、1900年代の貴族の館とか、
広い庭にはいつまでも小鳥がさえずり、とても静か。ローマとは思えない。
和食のフルコース=お通し/前菜/主菜2種=鰤と大根の煮付け/牡蛎フライ
椀=イクラと鮭のご飯、手打ちそば /デザート=苺のティラミス
食前酒=大吟醸、食膳酒=アンティノーリの樽熟成の白、食後酒=ソレント産のレモンチェッロ
大使公邸の専属シエフのコース料理。イタリアの食材を見事に日本の料亭の味に再現。
どの料理も美味しく完食しました。


市や新
夜ディナーは19時からフルコースイタリアン 高級レストラン:アドホック
メニューと店内の様子は こちらのオフィシャルサイト よりご覧ください。
なんと、白トリフュつくしフルコース/ワイン付き=155ユーロ!!をオーダー
ワイン付きというのは料理皿ごとに料理にもっとも適したワインが3種類でます。
メニュー=お通し/前菜の大盛/パスタ2種/メイン、牛肉2種と温野菜、チーズの盛り合わせ
デザート。どれもフンダンに白トリュフがのっかり香りが部屋に充満します。

とても悲しいことにパスタを食べ終えた段階で断念
頑張っても入らない、最高級の御馳走を目の前にして
食べられないとは、悔しい..........
ドルチェはお持ち帰りにしてもらいました。

<総評>
・和食の方が食器がキレイ、有田焼などの食器を眺めるだけでも楽しい
・和食は、料理を押し付けない「お少しどうですやろ?」と控えめ。
 食べる人への思いやりを感じる。
 イタリアンは「どうだ食ってみろっ」と不遜を感じる。
 欧米人の方はこのフルコースを完食しているのかな?
 パスタは1/3皿で十分かも。塩分濃かった。
 怖れを知らずコースを注文するより、前菜+メインがほどよかったかも。
・和食は12時半から13:30で終わりましたが、イタリアンはなんと
 19時から食べ始め22時を廻ってもメインに辿りついてませんでした。

+1日で体重が+3kg増.....いまだに落ちません。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する