2011.02.08

猫の寝言

暖房の効きが悪く寒い夜はジローは私の布団の上で寝ます
体重9Kgもあると重く、布団の2/3を奪われ、私は体をはみ出して寝ることに
....それには慣れたのですが、今朝は驚いて目が覚めてしまいました。

DSC00044.jpg

二十歳の小娘がススリ泣く様な寝言を言うのです。猫の寝言には慣れましたが。
こんなリアルな寝言は初めて...前世は人間だったのだろうって思う。
きっと隣人は、ヤバイことでもしているのでは?と心配してるかも。

DSC00569.jpg

お父さんはトスカーナの林で生活していた野生のたくましい猫だったから
ジローも家の中を駆け巡り、箪笥に昇り、青春を謳歌してましたが
最近は年なのか、50cmの高さの椅子にも躓いて上がれなく失笑してます。
プライドだけは誇り高いから、私の腕に噛み付いて憂さを晴らしたりして
立派な歯があるだけ、まだいいやと大目に見てますが・・・


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する