2011.02.11

コロッセオにて

「コロッセオが倒れる時、ローマが滅びる。ローマが滅びる時、世界は滅びる」と
 コロッセオの偉大さを称えています。紀元80年より倒れることなく聳えてますが
2000年を超える風化のため破損が目だってきました。イタリアは予算がなく放置。
なんと....靴/革製品高級ブランド・トッズが修復代28億円!を寄付するとのことで
今年後半より修復工事がスタートします。

clo221.jpg

私が学生時代、ローマを旅行した頃、市バスはコロッセオ外観を走り廻ってました。
私がローマに赴任した頃はコロッセオの入場は無料でした(門がなかったです)

colo223.jpg

コロッセオ内部、「殺せっを」と言うだけあり1000人ほどの剣闘士が命を落としてます。
公開処刑場でもありキリスト教徒が殉死してから、教会が建築資材としてコロッセオの大理石を
取るのを中止したため破壊が進まず保護されたようです。

colo21.jpg

コロッセオ名物、剣闘士と記念撮影

ベニヤ板に絵を描いて顔の部分だけ出るようにして
1回1ユーロで写真サービスしたら、効率よく稼げるんじゃないかな。
気軽に安く安心して記念撮影できるというのがポイント。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する