2011.04.17

カジュアルファッション・イタリアvsアメリカ

先週はダウンジャケットが必要かと思うほど寒い日が続きました。
今週は初夏の陽気になりそう。4月のイタリアは修学旅行/遠足の
学生達のツァーが目立ちます。日本の若者たちはほとんど同じファッションが多く
没個性と評されてます。
イタリア人やアメリカ人のカジュアルファッションはどうなんでしょう?。

イタリアングループ
イタリアの学生たち、タイツ&ショートパンツかジーンズが多い
全体に黒系、自分に合うファッションを好み、真似をすることは少ない
全体に地味、普段着にお金をかけてない。

アメリカングループ1
こちらアメリカ人グループ、平均気温13度と肌寒い日でした。
ショートパンツかミニスカート、ナマ足&サンダルと真夏姿
私の家の近くのアメリカン大学寮の学生たちはホットパンツ&ランニング姿で
毎朝、闊歩してます。脂肪が多く寒さに鈍感なのだろうか?。

アメリカングループ2
こちらもアメリカ人グループ、原色が似合います。
教会、遺跡と灰色が多い風景にはレッド、鮮やかグリーンなどがお勧め
カジュアルファッションはアメリカ人の方がお洒落。

この記事へのコメント
なかなか面白い分析です(笑

アメリカ人=キャミソール、ショートパンツ、素足にビーサン
イタリア人=胸元がガッツリ開いたランニング、デニム、ヒールサンダル

夏の着こなしは、この法則が脳裏に焼き付いています。
Posted by akiko-ume at 2011.04.18 20:34 | 編集
管理者にだけ表示を許可する