2011.07.24

あぁイタリア・鉄道ストライキ後遺症

昨日は24時間鉄道ストライキ収束した翌日に
オルヴィエトまで行く予定でした。

I電車1

ところが電車に乗り込んで20分ほどしてから
車掌が車両を廻り「この電車は運行が停止になったから
降りてくれ、理由はわからない、次便は知らない」と
なんともあっけない無責任な対応。まっ嘘を云われて翻弄されるよりましかと
自分で次の便を探しました。切符売り場窓口は長蛇の列!!

I電車3

発着掲示板で確認すると
なんと2時間15分後!!!
予定が大幅に狂っちゃう!!
鉄道員に訊いたら昨日までストだったから
「電車の整備が間に合わなかったのかな?
土曜だから連休(スト日から)の駅員も多いし」とのこと
まっ、ここはイタリア、日本ではないから.....と諦めが肝心!!

I電車2

なんとか2時間15分待って到着した電車は、なんと
いつも乗る電車の半分しか車両がない!!!
先便がキャンセルで倍の乗客が乗るのに!!!!
急いで席を確保!!!
たちまち超満員、アメリカ人旅行者がキングサイズスーツケースを
ゴロゴロ置くものだから通路も歩けません
電車は定刻?に出発、ドタバタしていてトイレに行ってなかった事に後悔!
車内に座って安心と同時に尿意が.....トイレは2両先と判明。
しかしラッシュアワー並みの混雑+キングサイズのスーツケースの山
とてもじゃないけど移動できない、強引に行こうとしたら一斉に
白い目が剥けられました。礼節の日本人のイメージを壊してはイカンと
強行突破は断念!。しかし心で我慢でも体は我慢しないと言い張る
なんとしてもダダ漏れは阻止しなければならない、どうすべきか?
こんな時、アナタならどうする?
私はヒラメキました、そして誰も迷惑をかけずに目的を完遂しました。
さぁ、どうやって誰にも迷惑をかけず、目的を達成したのでしょう?

<ヒント>
①映画「アンストッパブル」のD,ワシントンの様に勇気/決断力/ガッツがあれば。
②女、子供にお勧めできない。
③鈍行だから助かった。

答えは下記の続きをお楽しみください。
お答えは③のヒントで大半の方お分かりになったでしょう
(賞品無しだからヒントも緩くしちゃった)

I電車4


ローマの次駅で下車、トイレのある2両先まで全力疾走!
ゆっくりと用を足す。
次に停車する駅で下車、二両先の前の車両まで全力疾走!
走る時に大きく手を振りながらドアーを閉めないでって
アピールしました。なかなかスリリングでした。
雨が降ってたし滑って転んで乗り遅れてしまうリスクもあるから
誰にもお勧めできません。 トイレは早めに、手遅れにならないうちに!
この記事へのコメント
私たちは25日、オルヴィエートまで行く予定でテルミニ駅へ。

予約してあったIntercityは遅延。それでも運行するとの案内で、乗り込んで待つこと1時間半。

そこに非情なアナウンスが――

「この列車の行き先は、フィレンツェに変更になりました」

慌てて飛び降り、結局はタクシーでオルヴィエートに辿り着きました。

運転手さんもオルヴィエートは初めてだったらしく、着いた時には思わず喜びの握手。辿り着けて本当に良かったです(涙)。
Posted by カルラ at 2011.07.31 21:36 | 編集
わお、なかなかスリリング!ですが、行くしかない!!
ご無事の生還何よりです(笑
Posted by akiko-ume at 2011.07.24 22:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する