2011.09.22

石造りの町が好き

私が学生時代にヨーロッパで暮らしたいと決意したのは
数百年に渡る重厚な歴史に刻まれた石造りの町並みに感動したからです。
今でも時々、石造りの町を訪れるとたまらない郷愁に吸い付かれ
心が大きく揺さぶられます。数百年前、自分はここで暮らしてたのだと。
たまらないほど懐かしさを感じます。

アッシジの町
アッシジの町の外れにて

オルヴィエート郊外
オルヴィエートの町の外れにて

ペルージャ郊外
ペルージャ郊外にて

モンレアーレ
パレルモ郊外・モンレアーレの町並み

天空の町郊外
バニョレッジョの外れの町にて

イタリアは環境保護条例で歴史ある町は厳しく保護してます。
増改築、取り壊しは厳禁、屋根の材質、壁の色、当時と同じ
状態に保たないといけません。
だから10年経っても50年経っても変わらない風景があります。

日本に里帰りすると都会の林立するビル群に驚き
アンバランスで調和がとれていない建築、街づくりに、違和感を感じ
居心地が悪く、落ち着かない。故郷が消えていくようで悲しい。
私は「フーテンの寅さん」が訪れていた様な田舎や人情が好き!
イタリアの田舎の町にはそんな時代の空気がまだ残ってます。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する