2012.02.19

猫に小判?10億円の遺産!って。

昨年の末94歳で亡くなったローマ在住の大富豪の財産1000万ユーロ(10億円)
最愛の猫に残すと遺言したことから大騒動に!
この猫は捨てられた路上の猫を偶然に通りかかった大富豪のお婆さんに
拾われてシンデレラ猫になりました。
法的(常識的?)に猫に相続権は無いので大富豪を世話した看護師に
猫の面倒を大切に見るという条件で委ねられたそうです。

猫次郎


私も、数年前に偶然に生後30日前後の仔猫を拾ったことがあります
誰かが、路上に捨てたのでしょう。蹲って泣いてました。
思わず拾ってポケットの中に入れ家に連れて帰りました。
そしたら主のネコジローが猛烈な嫉妬と好奇心でたいへん
1ヶ月ほど飼ってましたが、共同生活は無理と判断。
知り合いに譲りました。昨日、その奥さんから電話があり
元外交官のご主人と共に、オーストラリアへ移住するとのこと。
もちろん華子(猫の名前)も! と移動中の飛行機から連絡がありました。
拾わなければ衰弱してた猫が、オーストラリアで余生を過ごすとは
猫を捨てた?ひとは想像もしてないでしょう。

お茶&黒たん



この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する