2012.05.15

ローマで第九を聴く ♪

ローマのアウディトリウムでベートーベン第九を聴いてきました。
日本では第九は紅白と並ぶ年末行事らしいけど.........
なぜ、日本に第九だけが定着したのだろう?
第九はイタリアではあまりコンサートプログラムに組まれません
そのため、かなり早く前売りを買ったのですが前列は完売
仕方なく、楽団の後方の席を買い求めました。

13m1.jpg

楽団のバックの席が良いのは、指揮者の表情、動作がとてもよくわかることです
今回のコンサートはご高齢の指揮者が病気で代理の指揮者でした
少し心配でしたが、ジャック・バウワー(キーファー・サザーランド)に似たイケメンで
正面から見る価値あり!でした。感情豊かなドラマティックな指揮に魅せられました。

13m2.jpg

イタリア人の合唱による第九は迫力がすごいです。声量が日本人の10倍あると思う
200人近いイタリア人全員が大声で叫んだ状況を想像してみてください
床が振動し、天井が震え、どんな楽器より素晴らしいです。
心まで震え歓喜・躍動します。
興奮が止まない、感動的なコンサートでした。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する