2012.06.27

R.カラブリア=ギリシャ時代の街にて

レッジョカラブリアの小さな村ジェラーチ、紀元前9世紀頃ネクロポリスがありました。
その後、東ローマ帝国、サラセン、ノルマン、ビザンチンと統治者が変わり
時代に翻弄された街。破壊と建築が繰り返された街。

CR26J4e.jpg
サン·マルティーノ教会
元の建物はビザンチン時代に建設され、1783年の地震後に再建
ビザンチン様式の共同墓地

CR26J3d.jpg
1300年頃の窓枠が一般住宅に残ってました。
ヴェネチアの運河沿いの建物に同じ様な窓枠があります
ビザンチン時代を反映しているのでしょう

cr2619b.jpg
古代遺跡? 日本でしたら重文扱いでしょう。一般の住宅です
1000年を超えているでしょう。

CR26J1c.jpg
サン·フランチェスコ教会
1294年にチャールズ2世により建造、
教会内で村の子供たちが音楽会をしてました。
ご神体は村祭りに神輿として担ぎ出します。

CR26J9a.jpg
ジェラーチの街は丘の上にあり、城塞と教会群に取り囲まれてます。
丘の下に一般の信者や村の人たちの生活の場があります。
長い歴史の中で人々は何を見てきたのでしょう。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する