2012.08.08

世界遺産:ヴィッラ・アドリアーナ (ティヴォリ)

ハドリアヌス帝は、118年よりティヴォリの麓で広大な庭園の建設に着手133年完成
ギリシャのアテナイのアゴラにあった彩色柱廊を模したポイキレ、
エジプトのアレクサンドリアとカノポスを結ぶ運河を模したカノポス
皇帝が巡察旅行で魅了された建物や風景を偲ばせる建造物を建設させた。
建築群の数は30を超え、敷地の面積は、1.2km²に及ぶ。

808a2.jpg
凡そ2000年前に建造された巨大遺跡庭園
広い敷地にこれでもかって遺跡群が鎮座します
これだけ大きな遺跡を作れたのは近くに大理石が採れる石場があったこと
川が近くにあり運搬が楽にできたという要素がありました。

808a1.jpg
映画「テルマエ・ロマエ」の影響でしょうか? 見学希望が増えました。

808a4.jpg
とても広いので、お弁当を持っての見学をお薦めします
遺跡の影で昼寝しながら古代の夢を見てみません?
2000年経った今でも何かを語りかけてくることでしょう。

0808a3.jpg
ローマ市内の観光地は観光客が溢れていますが、こちらは、観光客はわずか
静かに時間を過ごすことができます。暑くならない開館直前の入場がお薦め
付近及び館内に飲食できるバールや自販はないので、事前にご用意を。
運動靴で足を固めたい。 一番好きな巨大遺跡群です。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する