2012.11.05

大感激のアグリツーリズモ・ヴィチェンツァ

小都市ビチェンツアは特急でヴェネチアから44分、ミラノから1時間50分
大都市観光の疲れを取るのにちょっと立ち寄りたい素敵な町
世界遺産建築に溢れ、アマローネのワイナリー、グラッパ工房も近く
世界を代表する建築、歴史を刻む小都市が連なり、食と文化の町
ゆっくりと滞在しながらマイペースなイタリアを楽しめる素敵な町。

1105a3.jpg
ヴィチェンツア駅前から中距離バスに揺られ40分
川沿いの長閑な町に素敵なアグリツーリズモがあります。

1105a8.jpg
家の前の敷地では家庭で消費用のワインとオリーブオイルを作ってます。
野菜やニワトリ、麦も作ってます。
麦などの飼料と交換に近所からモッツアレラチーズをもらってきます。

1105a6.jpg
400年ほど前の領主の館を大改造して快適なアグリツーリズモにしました。
家の値段の倍ほど室内の改造費がかかったそうです。
オーナーのお父さんはミラノ大学建築科の教授です

1105a4.jpg
広々とした朝食ルーム,

1105a7.jpg
寝室はシンプルで清潔、トイレ、シャワーつき
インターネット回線はwifi無料です。

1105a1.jpg
この日に泊まったお客は私1名
すごいバラエティに富んだ朝食、量も半端ではない
左=新鮮野菜のバーニョガウダ/手前=自家製リコッタチーズ
右=モッツアレッラチーズ 奥=ペコリーノチーズと蜂蜜

1105a2.jpg
こちらも朝食メニューの続き
フルーツの盛り合わせ、手作りクッキー、手作りケーキ、
手作りフルーツジャム、生ハム、サラミ、パン、コーヒー、ジュース
これだけ食べれないよね、すっごーい。

1105a5.jpg
ディナーを用意してもらいました。
ヴィツェンツァ地方はお米とトウモロコシの産地
トウモロコシは粉にして練ってポレンタという料理にします
リゾット(米)を食べるのは日常的でパスタ(麺)はほとんど
食べないそうです。(パスタを食べないと太りませんね)
料理はプロ級なのは言うまでもありません。
料理が上手な女性はデザートも美味しいです。

ゆったりとイタリアのリッチな田舎に滞在
いかがでしょう? 素敵なイタリアの思い出になります。
詳細はローマナビネットまでお問い合わせください。

この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/1774-8741cba8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する