2013.01.09

ローマのスーパーでバカ売れのニッポンって?

ローマのスーパーでバカ売れのニッポンオリジナルの飲食品,ご存知!
イタリアで大人気!ってなんでしょう?

RIMG0940_convert_20130109133934.jpg

ヤクルト!です。午前に入荷して午後には毎日完売!すっごい!
隠れた日本の大ヒット商品。7ケ入りで4ユーロ
イタリア製の類似品は40%割引でセールしてますが売れません。
何が違う? 一番は信頼かな? 味かな? 
イタリアは日本の様に元気一発!という栄養ドリンクはありません。
その替りといっては語弊が少しあるかな?
BIO(オーガニック)など有機栽培、無添加など食に注意し
健康に気を配るイタリア人は増えてます。

RIMG0944_convert_20130109191804.jpg
グリコ・ポッキー フランス製です。
75g入り=1.8ユーロ /特売で1ユーロで買いました。
赤ワインのお摘みに合うと評判に。

RIMG0941_convert_20130109133727.jpg
フルーツ
左=柿、イタリア語でCako 複数系でCaki(カキ)です
渋柿が多く、熟させてブヨブヨにしてスプーンで食べるのが一般的
...この味に慣れてしまったからでしょうか?
硬い甘柿が出ても売れません。柿の品種はまだ少ないです。
中央=黄色いのはマンダリンと呼ばれミカンの味に近く酸味,香りが強い
右=クレメンティーノ(ミカンとオレンジをかけた新種)
酸味はほとんどなく、甘味が強い
冬の果物として一番売れているのはクレメンティーノ(1kg=1.5ユーロ)
*私がローマに赴任した頃は柑橘系はオレンジしかありませんでした。
 ミカン系が出てきたのはつい最近です。
 オレンジより皮をむきやすく大きさも手頃で人気のフルーツになりました。
 和梨もありますが、洋梨の方が甘く,ケーキに使いやすいので売れてません。

この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/1810-f1a2d366
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する