2013.02.23

イタリア総選挙の結果で世界はどうなる?

イタリアでは今週末に総選挙です
選挙結果では欧州経済に打撃を与え
世界全体の景気に大きく影響を与えると
金融界が固唾を飲んで見守ってます。

RIMG1630_convert_20130223004951.jpg
(候補者のポスターを貼って走るタクシー)

日本と選挙戦が大きく違うのは
①街頭演説をしたり、街宣車も走らない
各政党関係者、支持者はホールを借りて
演説会を頻繁にしてます。
②決められた場所以外にポスターを貼れない
街角に候補者一覧のポスター掲示板があります
上から次々に貼っていくので分厚くになります
(A党の候補の上のB党の候補のポスターを貼ったりして)
宣伝は自由なのか写真の様にポスターを貼って走ることは
OKらしい。
③イタリア人の人口の半分は海外に住んでいて
在外投票の数は、ほぼイタリア国内の人口に匹敵するとか。。。

Beppe.jpg

今回の選挙の一番の見どころは
5つ星党が急速に伸び3位に踊りでていること
世界の景気は、この5星の結果次第と言っても過言ではありません
党首のグッペ・グリロ氏は人気芸人でブログを通して
一気に躍り出ました(日本と少し似てます)

グリッロ氏は「ネットの普及で、誰もが透明な形で政治に参加できるようになった。
真の民主主義だ。もう腐った政治家はいらない」と語る。
みんなが犠牲を払っても景気はまったく回復しない」とユーロ圏の首脳を批判し、
離脱も検討すべきだと主張する。
-------- /------------------------ /--------------
景気後退が続くイタリアでは、失業率や緊縮策の影響、
汚職スキャンダルに対する国民の不満が高まっており、
既成政党に異議を唱えるグリッロ氏の「五つ星運動」が支持を急拡大している。
一部のアナリストによると、「五つ星運動」の得票率は最大で20%に達し、
ベルルスコーニ氏率いる「自由国民(PDL)」を抜いて
単独政党としては3位となる可能性がある。
(Asahi comより抜粋)

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する