2013.03.24

古代ローマ時代の聖域はネコたちの聖域に。

RIMG1770_convert_20130320135234.jpg

アルジェンティーナ広場(Largo di Torre Argentina)
共和政ローマ時代の4つの神殿の遺跡があり、ポンペイウス劇場の一部もある。
神殿は最も古く、紀元前4世紀から紀元前3世紀のものとされ、
豊穣の女神フェーローニアの神殿ではないかと言われている。
紀元80年の火災後に再建されており白と黒のモザイクはこの修復時のものである。

共和政ローマ時代の「聖域」だったことが判明した。
ユリウス・カエサルはポンペイウス劇場の敷地内で暗殺されたが、
その場所はこの広場内にあると言われていた。
2012年10月10日、スペイン国立研究協議会の考古学チームは、
カエサルが元老院を主宰中に議事堂で刺されたことが確認された」としている

RIMG1769_convert_20130320140323.jpg
古代ローマ時代の「聖域」が現在は猫たちの「聖域」です。
捨てられたり、傷ついた猫たちが保護され余生を過ごしてます。

RIMG1768_convert_20130320135523.jpg
日本ではペット保護法(動物愛護法)が改正されましたが
法で縛らなくても、動物たちがノンビリ、安心し過ごせる環境つくりも大切ではと思う
それは個々の自覚から生まれるのでしょう。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する