2013.11.07

ヘミングウェイが「世界で残すべき100」に選んだコーヒーを探しに..

Bicerin(ビチェリン)というコーヒーをご存じの方は少ないと思います。
北イタリア・トリノの名物です。
ホットチョコとエスプレッソコーヒーとクリームをミックスして仕上げます。
それぞれの比率のレシピはお店によって異なり門外不出です。
16世紀のドイツのバイエルン地方で産まれ、トリノで愛好されました。
特に、イタリア王国の初代首相でもあるカブールがbicerinには目がなく
bicerinは寒い冬の間には温めて癒し、また精神的な苦労を慰めてくれる存在でした。
ヘミングウェイは熱烈なファンでbicerinを「世界で残すべき100の物」のひとつに入れてます。
トリノまで来たからにはと...本家のお店を探しました。

RIMG1903_convert_20131107125424.jpg
こちらです。Caffe ,Confettria と看板があり Al BICERINと小さくあります
店内は狭く7名も入れば行き苦しく感じるほど...しかし
創業1763年と歴史は古くアレクサンドル・デュマ、パブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイ
が足繁く通いビチェリンを愛飲したと記録に残ってます。

RIMG1915_convert_20131107125635.jpg
こちらがビチェリン。クリームの泡たちが控えめで中層のエスプレッソと下層のチョコ
掻き回すより、それぞれの味を楽しみたいです。適度な甘さで旅の疲れをほぐしてくれます
ガラスの器から伝わる暖かさが冷えた手を温めてくれます。

RIMG1911_convert_20131107125904.jpg
店内のカウンター。この女性給仕がカウンターでエスプレッソを抽出しキッチンに運び
チョコと生クリームを調合し出してくれます。お客は途絶えることなくかなり忙しそう
このカウンターの後ろのガラス瓶に入ったピンクや白や茶の食べ物なんでしょう????
お店の看板にもなっていたConfette です。結婚式に紙に包んで配ります。
では日本語では何というのでしょう???
Confette = 金平糖です。トリノ、しかも由緒あるカッフェで金平糖の先祖に出会うとは。。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する