2013.11.11

ローマ古代遺跡でみつけた秋の草花たち

ローマから地下鉄で45分のところに古代遺跡群オスティアアンティカがあります
海のシルクロードの玄関として繁栄した古代都市です。
笠松に覆われた遺跡の下で小さな花たちが咲いています。
遺跡より夢中になって撮った花たちをご紹介。

RIMG1977_convert_20131111003549.jpg
源平小菊(ベンケイコギク) 
昨夜の雨の残りが小さな花を輝かしてます。

RIMG1984_convert_20131110180739.jpg
細葉海蘭(ホソバウンラン)花言葉=喜びも悲しみも

RIMG1992_convert_20131110232825.jpg
夕霧草(ユウギリソウ)花言葉=はかない恋

RIMG1980_convert_20131110231832.jpg
西洋花蘇芳=ユダの樹 花言葉=裏切り
(新約聖書マタイ伝に、イスカリオテのユダが銀貨30枚でイエスを裏切り
 居所を教えたことを後悔し、ハナズオウの木(ユダの樹)で首をくくって死んだ…
 3月の始め頃に咲きだす花ですが、温暖化でしょうか?11月に咲きだしてました。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する