2014.03.12

シチリアの秘境-世界遺産- シクリ

世界遺産-シクリと訊いて、シックリする方は少ないでしょう?それって、どこ?って

ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々-
近隣のラグーサ、モディカと共に2002年、世界遺産になりました。
カルタジローネやカターニャも含まれます。
共通は1693年の大地震で壊滅的甚大なる被害を受け
後期バロック様式の町として復活したこと。
1693年に大地震の被害に遭った方たちは、
300年後に世界遺産になると想像できなかったことでしょう。

P1160187_convert_20140203101700.jpg
歴史は古く,紀元前15世紀,古代ギリシャ以前の先住民シクリ人の町が起源。
アラブ時代から町は発展し13世紀末、モディカ伯領になりました

P1160199_convert_20140203102426.jpg
人口密度は26,000人と少ないですが,昼時になるとランチ&シエスタのため
家路を急ぐ車の数がすごい。
ちょっと裏路に入ればとても静か。


P1160203_convert_20140203101953.jpg
サンタ・マリア・ラ・ノーバ教会(Chiesa di Santa Maria La Nova
ゴッテとした装飾がバロックの特徴

P1160189_convert_20140203102644.jpg
ベネヴェンターノ宮殿
黒人の顔をモチーフにしたのでしょうか?
バロックの町を歩くと窓際にこの様な装飾に出会います。
シクリの町に立ち寄る予定はなかったのですが
カターニャ空港からモディカのホテルまで車をお願いした
ドライバーがシクリ在住の方でシクリも素敵なバロックの町だからと
薦められました。予備知識がなかったので、バロックの教会だらけでびっくりです

P1160195_convert_20140203103703.jpg
少ない人口の町は自治意識(おらが村が一番)が強く
ローマで見られる様な落書きはなく、ゴミも舞っていません
観光客はもちろん、ガイジンはみかけませんでした。
シチリアの田舎町...ノンビリ散歩..お薦め!です。

.
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する