2014.03.27

「ローマの休日」の舞台を散策してみた。

60年前に日本で上映された「ローマの休日」が今でも人気なのは
ローマの町全体を映画の中に入れた要素が多分にあるでしょう
その後のローマが舞台の映画は「ベンハー」「スパルタカス」など
有名な映画がありますが、ほとんどがスタジオで撮影されてます。
大ヒット上映中の『テルマエ・ロマエII』はブルガリアでロケされたそうだし...
ローマの魅力を最大限に引き出した映画は「ローマの休日」です。
60年後の現在でも撮影ロケ地が残っているのはオドロキです。

P3250897_convert_20140327130625.jpg
61年前の「ローマの休日」イタリア版のポスター

P3250890_convert_20140327130417.jpg
アン王女のローマ滞在中の館
この部屋を寝室に改造して使いました。
右にバルコニーがあり、外の賑やかなカンツォーネに誘われ
ローマの町に抜け出した...という設定です。

P3250894_convert_20140327130226.jpg
新聞記者=ジョー・ブラッドレーのアパートの外観
60年前の当時のままです。映画ではこのバルコニーで
門番がライフルを抱えて見張ってました。
大半の方は宮殿よりも、この原形が残っているアパートに感動されます。

rv.jpg
最後の記者会見の舞台として使われたコロンナ宮殿
この位置にアン王女が立ち、会見をしました。

「ローマの休日」の舞台を散策、ローマナビネット がご案内します。

.
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する