2014.04.05

ベネチアが独立国に? 

昨日のAsahiComにベネチア独立運動の記事が載ってました。
改造戦車で武装闘争を計画ですって....ブッソウだ。
クリミアの住民投票に触発された政治団体が起こしたとのこと。
いつかは独立国になるかも・・
イタリアには国際的に認められている小さな独立国が2つもありますから..,。

ヴェニス
ヴェネチアはヴェネチアンガラスのお土産が有名ですが、
ヴェネチア共和国の記念切手やコインを販売した方が繁盛すると思う。

P3010767_convert_20140405111709.jpg
バチカン市国 =世界最小の独立国
国土面積0・44平方キロメートル。1929年にイタリアと結んだラテラノ条約で誕生。
市国外にも直轄地を持つ。人口は約800人(2007年)で大半が聖職者か衛兵。
余談ですが、バチカン市国の郵便局から日本へ手紙を投函したら
ローマ市内から投函するより5日ほど遅く着きました。
記念にバチカン郵便局発行の切手で絵葉書を送ってみましょう。

551433_581472611923969_218475143_n_convert_20140405110849.jpg
(サンマリノ共和国の地図の記念切手)

サンマリノ共和国(Serenissima Repubblica di San Marino)
共和制国家。世界で5番目に小さな国
現存する世界最古の共和国
4世紀初め、マリーノという名の石工がローマ皇帝によるキリスト教迫害を逃れ、
この地に潜伏してキリスト教徒の共同体をつくった
1992年 - 3月2日、国連(国際連合)に加盟。
人口=3万人.国民全員が「顔見知り」に近い状態であり、
自国民では中立公平な審議や判決が困難であるという理由から、
サンマリノでの裁判は殆どが外国人の裁判官によって行われる。
消費税が一切ないため、イタリア国内または諸外国から
買い物目的の観光客が年間3百万人前後訪れる。

.
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する