2014.04.23

ローマ散策-不思議発見!

初夏の陽気に近づいてきたローマを散歩しました。
少し?な風景をご紹介します。

P4221153_convert_20140423111953.jpg
ボルゲーゼ公園添いの城壁からヒナゲシの花が顔をだしました。
城壁のテッペンに種が飛んできて、くっつき、根が張り
花が咲きだす.....っていう確率はどのくらいなのだろう?
よく咲いたね、がんばった。

P4221159_convert_20140423112231.jpg
テスタッチョ地区にある山の様な丘の層です。
これは何でしょう?分かります?
古代はオリーブオイルやワインは素焼き(テラコッタ)の壺に入れて
船で運ばれました。オスティアの海に到着しテーベレ川沿い荷揚げされ
不要になった器のテラコッタを割り、捨てた廃棄所が
積もり積もって山になりました。
それにしても古代人は几帳面な性格です。きっちと破片を並べてます。
日本のガレキや廃棄物も長いながい年月を経て、「これなんだろう?」って
未来の人たちは不思議に思うのかしら?

P4221160_convert_20140423111246.jpg
これは凄い!と思った。
民間のアパートに狼が咆哮している巨大な絵が.....
だれが何のために書いたのだろう?
住民はどんな思いだろう?
いつ、どうやって書いたのだろう?
ナスカ絵みたいに、不思議だ。

P4040979_convert_20140405104645.jpg
パンテオン付近でみかけた教会の屋根
なぜ教会の屋根に雄牛の頭なのだろう?
しかも頭に十字架をつけて
どんな意味があるのかしら?
ウシを祭ってっているのかしら?
不思議に思いません?
(追記)
当ブログ愛読者よりこれは牛ではない鹿だとご指摘をいただきました。
鹿といえば奈良のお寺ですが....。調べてみました。
Sant'Eustachio(サンテウスタキオ)教会の鹿と十字架のシンボルでした。
聖人エウスタキオは軍人でしたが、角の間に十字架を持った雄鹿に導かれ、
キリスト教に改宗し、そのままシンボルとして受け継いでます。
ホッ!不思議が一つ解決しました。


ローマ不思議発見...楽しいローマの町を ローマナビネット がご案内します。

.
この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/2081-4ca95a63
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する