2014.05.19

イタリアの空

日本に居ると空を眺める余裕はなく、目にも入りません。
なぜかって考えたら、日本は顔をあげないと空を眺めることが
できません。イタリアは目の前が空だから、頭をあげる必要は
ありません。当たり前の様に空が目に入いってきます。
不安定な気候が続きブルー一色の空ではなく
いろんな雲の形、色の変化は、私たちになにかを訴えかけている様です。

P5140226_convert_20140519115136.jpg
オルヴィエートの空
青空にどんより分厚い雲が覆い、今にもゴジラが現れそうで不安。

P5140238_convert_20140519114909.jpg
ウンブリアのオルテ駅で電車待ちの空
プカプカと雲たちが浮いているけど、晴れるのか、雨になるのか?心配だな。

P5150260_convert_20140519114525.jpg
この日のオルヴィエートは分厚い雲は遠ざかり、きれいな空です。

P5150264_convert_20140519114225.jpg
ウンブリア地方のアグリツーリズモの空
四方をすっぽり山々に囲まれた谷底にあります
空の色はすっきりと、空気が美味しい
深呼吸して体全体の掃除をしてます。

P5170300_convert_20140519113825.jpg
ローマ・トラステーヴェレ地区のレジデンスのバルコニーからの夕暮れ
どんよりとスモッグが滞積してます。
私はローマの中心の空気は苦手、鼻が苦しくなって
美味しい空気を吸いに郊外に脱出したくなります。

P5110009_convert_20140519120023.jpg
ローマバチカンの空、この暗雲を払っていただきたい。

3月27日にローマ法王フランチェスコはオバマ大統領と下記のテーマで会談したそうです。
①平和と貧困の問題。②戦争の火種をなくすこと、③飢えと格差をなくすこと。
とりわけ経済格差は深刻。現在、世界の最富裕層85人の資産総額は
下層の35億人分(世界人口の半分)に相当する。
それほどに急速に経済格差が拡大中。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する