2014.08.31

イタリアの夏の終わりに

明日からは9月、イタリアの夏がとても素敵なのはイタリア人の2/3が消えること
みんなバカンスで不在、混雑、混沌、喧噪とは無縁の日々を過ごせること
9月からはまた混沌とした毎日がスタートかと思うと憂鬱。

P8252487_convert_20140831113532.jpg

今年のイタリアの夏は冷夏というより涼夏でした。
お昼頃は33~35度と暑かったですが夜になると気温が下がり
深夜2時頃は17度前後と窓を閉めないと寒いくらいでした。
冷房をまったく使わなかった夏も数年ぶりです
昨年の夏のブログを見てみると連日45度を超えて
夜も30度を下がらす眠れない日々を綴ってました。
過ごしやすい、冷房不要の夏はありがたかったです。
ワインの出来が少し心配ですが。

P8292541_convert_20140831113317.jpg

暑い時に夏の花を見るのは鬱陶しいと思い
7月中頃にタネを撒いた朝顔が今頃次々に咲きだしました。
小さな一粒の種から蔓がどんどん伸び、沢山の花を咲かしている
不思議だなって毎日、眺めてます。

P8072322_convert_20140831114121.jpg

我が家のキッチンからの借景
大半のマンションの窓は閉まってます、バカンスで不在です
夜半にピー、プーゥ~と迷惑な防犯ブザーが鳴り響きます
空き巣と、車盗難 の防犯ブザーです。
しかし、いくら鳴り響いても誰も来ません
警官もバカンスだし..........
隣のアパートではバカ騒ぎの騒音が
夏休みの間、海外の学生にアパートを貸すのです
英米の学生が多いのですが、自国よりアルコールが安いためか
ガブ呑みし深夜までハメを外して騒ぐのです
近隣のイタリア人は不在ですから誰も注意しません。
静かな夏のはずが、思わぬ騒音で悩むのも夏だからこそ。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する