2014.10.07

ローマオペラ座の危機

イタリア3大歌劇場-ローマオペラ座の危機です。

イタリア・オペラ界を牽引する世界的指揮者=リッカルド・ムーティ氏は
ローマオペラ座名誉指揮者を辞任すると9月21日に発表しました。
原因は楽団運営資金難、楽団員の組合闘争などが続き、
優れた演奏の指揮を執れなくたった ...との理由です。
とても残念でした。 ローマオペラ座に行く楽しみが失せました。

opera.jpg

更に絶望的に残念なのは本日の讀賣新聞の記事
財政難,年末に団員182人全員解雇 !!
4000万ユーロ(56億円)の負債。
来年からアウトソーシング(外部委託)に切り替えるとのこと
イタリアのクラシック音楽業界は国からの助成金を打ち切られ財政難で
演奏家の給与は滞っていると聞いてます。
演奏会場で「劇場継続のためにご協力」をというビラをよく貰います。

2OPER.jpg

オペラは質素な舞台演出になったらダメです。
日本で歌舞伎が質素な衣装や舞台、照明になったら観客は激減することでしょう。
ローマオペラ座の1階席は1万円を超えるチケット代です。
浮世離れを期待して大枚を払うのに、ケチクサイ演出だったら離れるだろうな
海外に流れるだろうな。 とっても残念です。
国を代表する文化が衰退することって。



この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/2189-6509c95d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する