2014.11.10

ローマのキッチン窓から秋を眺める

我が家のキッチンの窓から秋の風景を撮りました

PB091847_convert_20141110115943.jpg
キッチンの窓から月を眺めたり、花々を眺めたりした写真を貼っていますが
きょうは秋をお届け。
マンションの間の雑木林は我が家からの借景
季節の移ろいを感じさせてくれる小さな空間です。
中央に野葡萄の葉の紅葉が美しくなりました。

PB091841_convert_20141110120157.jpg
ズームでアップしてみるとこんなに赤くなりました。
ローマで紅葉を眺めることができるスポットは少ないです。
小さな紅葉でも癒される秋の風景です

PB091839_convert_20141110120415.jpg
11月に入っても咲き続けるハイビスカスです。
右前方に上にご紹介した野葡萄の紅葉が写っています。

PB091849_convert_20141110120731.jpg
ミセバヤ(見せばや)絶滅危惧IB類(EN)
キッチンの窓枠の近くに置いた小さな鉢の花です。
花言葉:つつましさ、平穏無事
高野山の僧がこの花を見つけ、和歌の師匠である冷泉為久卿に送った。
この時に「君に見せばや(君に見せたい)」というの添え書きがあった。
花をのみ待つらむ人に山里の雪間の草のはるを見せばや(壬二集)
別名:玉の緒 
玉の緒よ 絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの よわりもぞする  
 式子内親王 『新古今集』
この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/2211-e033052c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する