2015.01.11

フランス連続テロ....イタリア旅行者の身近へ影響

パリ市内でイスラム過激派による連続テロがあり
多くの方が犠牲になりました。
本日はパリ市内で150万を超える大規模なデモが
開催されました。「テロに屈しない」と。

フィガロより
Figaro.comより転載

イタリアへ訪れる日本人観光客へ身近に与える影響は
空港のパスポートコントロールです。
欧州内外での国境管理の厳格化を表明しています。
かといって、パスポートコントロール検査官を増やすわけではなく
ローマ空港では2つの窓口で大量の入国者のパスポートを念入りに
確認をするということです。
日本人団体ですとスンナリ通してくれることが多いですが、
前にアラブ系、アフリカ系、南アジア系など様々な国からの旅行者が
並んでいたら短くても1時間半は待つことになるでしょう。
預けた荷物はターンテーブルで何周も廻り続け、転げ落ちていることもあります
日本の空港の様に係員が整理してくれません。
できる対策としたら
①空港到着したら少しでも、誰よりも早くパスポートコントロールに向う
②荷物は判別(間違われない様に)名前を大きく貼り付ける
 原色のリボンなどで見分けがつく様にする など。
③経由便をご利用の場合、乗り換え時間が短いと間に合わないことも
 あるかもしれません。
しばらくは緊迫するかと思います。

空港から市内まで専用車手配ご希望でしたら
ローマナビネット までお問い合わせください。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する