2015.01.17

ローマの警官85%がズル休みって、イタリアらしいなぁ

少し古い話題になってしまいましたが

大みそかの雑踏警戒など担当のローマ市交通警察905人のうち、
約85%にあたる767人がズル休みだって、すっごいなぁ
お腹が痛いとか、調子が悪いとか、子供みたい
ゴミ回収作業員やバスの運転手もだって・・・・・・・・

詳細の讀賣新聞掲載記事はこちら

P1010591_convert_20150118094513.jpg

申請を認める上司もお休みだったりして....
欠員を補充しなかった警察もすごいな
大半の方は「エーッ、イタリアって」って思うかもしれませんが
私は実に人間的で正直だと思います。
誰だって大晦日は家族と過ごしたい、恋人と一緒にいたい。
でもね、結果的に85%の警察官が休んでいても
大きな事故、事件は起きなかったのだから
いかに余分な警官が多いということでもあると思います
自分たちの存在意義を自らで消している。

P1010584_convert_20150118094409.jpg
こちらはスペイン広場前で元旦に行われた軍楽隊(主に警官)のパレ―ド
こういうお祭りの参加は欠かさないのもイタリア人。

アモーレ(愛), カンター(歌)レ, マンジャーレ(食べること)
の三つがイタリア人にとっての最大の関心だそうです。
平和が続くことを祈ります。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する