2015.01.31

ローマでは漢方で治す

イタリアは医薬分業で病院で処方箋を書いてもらい
薬局で薬を購入します。
注射は薬局で注射器を買い自分で打つのです
しかし、私はどうしても自分の体に針を刺すという
自虐的なことはできず、知り合いのイタリア人に頼みます
イタリア人は慣れているのかサドなのか平気でブッスと刺します。
西洋式医療では完全に治らないこともよくあります
そんな時は中国人の診療所で診てもらい鍼をブツっと10か所くらい
頭のテッペンからつま先まで刺してもらいます、マゾではありません。
西洋医学と中国医学の大きな違いは
西洋(日本も含む)は止めること、痛みや熱を止めて応急処置をする
中国は出し切ること、熱を出しきる、痛みを出す、体から毒を出す
自然の理に適った治療は原始的すぎる方がよいのかなと思ってます。

PC040079_convert_20150131132024.jpg

中国人医師に処方箋を書いてもらい、中国専門の薬剤師のいる薬局で
調合してもらいます。既製の薬ではなく、漢方薬を調合します。
10種を超える薬草 根,種などを混ぜで日数分を用意してくれます。
これを1時間ほど煎じて飲みます。涙が出るほど苦いです....良薬は。
速攻性は少ないですが、治癒力は強いです。

郷に入って無理して郷に従うより自分に適合させる方が楽になれます。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する