2015.02.21

ローマの「イカノオスシ」って。

日本で幼児誘拐、殺害などの被害が増えていますね
先日の群馬県幼児誘拐が未遂で終えたのは
学校の「イカノオスシ」教育が行き届いていたからだと。
「いかのおすし」ご存知ですか?
いかない、らない、おごえをだす、
ぐにげる、らせる.....の頭文字です。

こども (1)

イタリアは12歳以下の幼稚園、小中学校は親が責任もって
送り迎えをしなければなりません。
共稼ぎで難しい場合は祖父母などに頼むかベビシッターを
雇うことになります。
親の負担はたいへんですが、学校への行き帰りに子供と
話をしたりスキンシップを高める良い機会ではと思います
私は時々帰国した時、夜間なのに子供たちがウロついている
日本に驚きます。塾や稽古事、クラブ活動の帰りでしょうか?
ローマでは15才以下の子供が夜に単独で歩いていることは
ありえません。
日本が安全と言えない時代、考え方も変える時ではと思います。
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する