2015.03.16

世界遺産ラヴェンナ

古代ローマ時代から中世にかけて繁栄した都市
ラヴェンナ初期キリスト教建築物群は1996年世界遺産に登録

ラヴェンナのモザイクは美しいと訊いてましたが、これほど見事とは....
初期ビザンティン美術の集大成です。
写真では1/100も美しさを表現することはできません。
ローマから鉄道で1日で往復することも可能です。
ラヴェンナの町は歩きやすく整備され、徒歩で廻れます。
町にはラクガキやゴミも舞ってなく、安心です。

P2141414_convert_20150315133942.jpg

サン・ヴィターレ教会
6世紀初めに建設が計画され、東ローマ帝国の支配下であった548年に完成。
金色のモザイクが八角形の堂内の後陣を飾り、様式的な初期ビザンティン美術の最高傑作


P2141446_convert_20150315133316.jpg
サン・ヴィターレ教会
自然の光に映えるモザイク、この空間のバランスが素晴らしい。

P2141436_convert_20150315133451.jpg
ガッラ・プラキディア廟堂
ローマ皇帝テオドシウス1世の皇女であるガッラ・プラキディアの霊廟。
5世紀半ばの建立。円天井は深い青色が特徴のモザイクに覆われ、
奥行きのある構図になっている。ビザンティン以前の古代ローマの影響
コバルトブルーの天井はピカピカと光ります。
細かなガラスを嵌め込んでます。

P2141452_convert_20150315134930.jpg
ネオニアーノ洗礼堂
キリストはヨルダン川に体を浸しています。キリストの頭上には聖霊を表す鳩、
右側には擬人化されたヨルダン川が異教の老人の姿となり、
右手にキリストの体を拭くための布を、左手には葦を持っています。

P2141465_convert_20150315135651.jpg
サンタポリナーレ・ヌオヴォ聖堂 490年建造
3廊式バシリカ教会堂。身廊と側廊は12本のコリント式列柱により仕切られている。
壁面上部には、6世紀時のままのモザイク画が存在している。
元々4段構成になっていたが、最下段は床面が嵩上げされた際に取り壊された。
最上段はキリストの奇跡と受難の26場面が画かれ、
その下の高窓部分には旧約聖書の預言者または福音記者と12使徒
16人の聖人像が配置される。
圧倒されるのはその下部である。北側には、3人のマギに導かれて
ラヴェンナの外港クラッシスを出立し、聖母子のもとに向かう22人の聖女の
殉教者たちの参列が画かれている。南側は、聖マルティヌスに導かれて
ラヴェンナの王宮から天使に囲まれたキリストに至る26人の殉教者の参列。

P2141463_convert_20150315135503.jpg
東方の三博士
メルキオール Melchior (黄金。王権の象徴、青年の姿の賢者)
バルタザール Balthasar (乳香。神性の象徴、壮年の姿の賢者)
カスパール Casper (没薬。将来の受難である死の象徴、老人の姿の賢者)


P2141453_convert_20150315140358.jpg
純朴そうな青年僧のモザイク、ついでに載せました。
昂揚した赤いホッペがカワイイ

ラベンナのモザイク巡り ....お勧めです
ローマナビネットがご案内します。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する