2015.07.06

世界遺産アルベロベッロ

プーリア州のアルベロベッロ (1996年世界遺産)
おとぎの国のような円錐形のとんがり屋根の家々。
1500軒のトゥルッリの集落。
トゥルッリと呼ばれるそれらの家は、石灰岩を積み重ねて作られてます。
ユニークな建築の大集落が誕生したのは16世紀後半です。


P6300117_convert_20150704171216.jpg
ファンタジックなトゥルッリ集落俯瞰
ディズニー映画のシーンみたい


P6300094_convert_20150704170436.jpg
屋根に昇ってみました。
この莫大な量の屋根に使う石はどこから運んだのではなく
地面を掘るとゴロゴロ出てくるそうです
硬い岩盤のため作物は作れない土地です。


P6300108_convert_20150704170615.jpg
16世紀頃のトゥルッリ、無人です。
この様な形の家を作ったのは壊しやすいからとの理由です。
中心の柱を引っ張ると簡単にグッシャと潰れます。
なぜ?
農民の家は解体しやすいよう簡易に建設することが領主によって命じられていた。
理由としては2つあり、1つは反抗的な農民を懲罰するため、
2つは課税対策である。
領主はナポリ王国に対して家屋に応じた税を納めねばならなかった。
このため解体しやすく再建しやすいような構造にしたという

P6300110_convert_20150704170734.jpg
現在のトゥルッリは観光客が宿泊できる様に改造したホテルもあります。
夜、散策するのも幻想的で素敵です。


P6300116_convert_20150704171038.jpg
こんな可愛いドックハウスのトゥルッリもあります。


P6300115_convert_20150704170918.jpg
トゥルッリ集落の一角の農家の門前でサクランボを売ってました
採れたてサクランボ1kg=2ユーロ
ローマ市内の朝市で1kg=5ユーロもしますから半値以下のお得!


ナポリ発あるいはアマルフィー発:アルベロベッロドライブ 
ローナナビネット がご案内します。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する