2015.07.12

世界遺産シエナ歴史地区(1995年)

シエナは10回ほど訪れていますが、いつもカンポ広場で
写真を撮って、大聖堂などじっくり見学したことはありませんでした。
今回は世界で一番美しいファサードと称される大聖堂を見学しました。


P7053267_convert_20150712120504.jpg
カンポ広場
中世の広場としてはヨーロッパで最大のもののひとつである。
カステルヴェッキオ、サン・マルティーノ、カモッリーアの3つの丘が合流する
窪地に作られているため扇のような形状をしており
扇の付け根に向かって傾斜になっている。
景観を維持するため建築に関しては都市条例によって特に厳しく規制が行われ、
専門の役人「装飾監督官」の管理のもと建物の高さ・幅、窓や扉の形、
さらには素材に至るまで細かな規定に従って作られた。
またそれらの適用は公共建築はもちろん、市庁舎や日々整備される広場の街並みに
バランスがとれた建築であるよう広場の周囲を囲む私人のパラッツォにまで広く及び、
現在ではその構造の完全さが世界的に評価されている。


P7053247_convert_20150712121533.jpg
シエナ大聖堂(1264年)
イタリアで最も美しいゴシック様式のファサード。
多色大理石とモザイクで装飾されたファサード(西正面)はイタリア最美といわれる。
内外ともに大理石象嵌張りで飾られ、平らに切られた東端部、
六角形の交差部とドーム、堂内に組み込まれた鐘塔を特色とする


P7053253_convert_20150712121347.jpg
バラ窓のステンドグラス。最後の晩餐

P7053252_convert_20150712224104.jpg
大聖堂の床には56枚のを大理石で描いた象嵌細工があります
その1枚には二人の赤子にお乳をあげるオオカミの像が描かれています
シエナはローマを建国したロムルスとレムスのレムスが建国したと伝承があります。

P7053257_convert_20150712121713.jpg
身廊 白黒大理石の縞模様が荘厳さを引立てます。


P7053258_convert_20150712121010.jpg
大聖堂の天井、まるで宇宙を表した様です。


P7053262_convert_20150712120708.jpg
シエナの町を日本人ライセンスガイドがご案内します。
ローマナビネット にお問い合わせください。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する