2015.08.10

ローマから残暑お見舞い!

ブログの更新が遅れがちなのは、
①猛暑続きでPCに前に座っているのが辛い
②ジロー(愛猫)がすぐに、ヤメロ、腹減った、オレを相手せいと
 キーボードの上に座り込みストをする
しゃあないやと、猫のせいにしてサボってしまうことに。

今日のローマは曇り空で朝の内にブログ更新をと。


P8063555_convert_20150810135312.jpg
我が家のマンションからの風景
①大半の家にクーラーはありません。
・夏はローマに居ないから必要ない
・日昼はシャッターを降ろして熱を遮断すれば
 室内は比較的涼しい。
②深夜の騒音たまりません。
・空き巣が増える季節。
機械音の防犯ブザーが闇夜に響き渡ります。
なんの効果もありません。だって警官だってバカンス中だから。
・アメリカ系の学生に夏の間貸している家が数軒あり
この方達が深夜にアホ騒ぎを、テラスで大声で騒いだり
酔いに任せてランチキ騒ぎしたり・・と。

ローマの夏夜はたいへん。


P8063556_convert_20150810135507.jpg
アメリカの刑事ドラマ(クリミナルマインド)を見てると空き巣とか強盗が
多いけど、なんであんなに入りやすいドアなんだろうと不思議に思う。
このドアは我が家ので、銀行の金庫ではありません。
重さ1トンの剛鉄、ドア―サイドの4本の鉄棒は
左右と上にあり、完全にブロック
鍵のコピーは本人の居住証明がないとできません
鍵を無くしたら家に入ることはできません。
ドアーチェーンキーは使いません、覗き穴から確認です
玄関のインターフォンが鳴っても事前にアポがないと開けません。
宅急便や書留は門番が受け取るので、不審者の訪問はありません。
これだけブロックしても日本人は長期帰省中に空き巣に入られることが多いです。
なんでも万全の用心が大切なローマです。


jiro-1_convert_20150810135919.jpg
夏でも毛皮の猫(ジロー)は、グロッキー気味
クーラーや扇風機は苦手で
大理石の床に寝そべりネコ流の猛暑対策


この記事へのトラックバックURL
http://romenavi.blog47.fc2.com/tb.php/2374-7d0d75a9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する