2015.09.25

ローマの街に響く音楽

ローマを歩いているとどこからともなく音楽が聴こえてきて
思わず野外コンサートを楽しめたりします。

P9134126_convert_20150925115623.jpg
パンテオン遺跡前で、オペラ・テノール歌手がアリアを熱唱してました。
切なく、そして甘いテノールの響きに多くの観光客が足を止めて魅了されていました


P9134119_convert_20150925115911.jpg
レストラン前でアコーデオン演奏
ゴットファザーのテーマ曲を弾いてました。
ローマに来た頃、カンツォーネのリクエスト曲の定番で
毎日の様に聴いてました。
昔の日本人団体ツァーは夜は必ず
カンツォーネを聴きながらのディナーでした。



P9244284_convert_20150925112133.jpg
ツィンバロン 東欧の民族楽器 (バス停前にて)
ピアノのように台に張った弦を猫じゃらしのような2本のバチで叩いて演奏すると、
ピアノのように美しく、ハープのように深く、チェンバロのように独特の音がする打弦楽器
この楽器からハープシコードを経て、ピアノが誕生したと言われています
細いスチールの弦を、か細いばちでたたくだけなのに、大きな音が鳴り響き驚かされる

   
まだ聴いたこと無い方はこちら↑でお楽しみを。


ガイドブックに載っていないローマの街を
ローマナビネットはご案内します。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する