2015.10.28

ローマ近郊ワイナリーはワインの仕込みの真っ最中

ローマにもワイナリーは沢山あります。
9月中旬から10月中旬にかけて葡萄の収穫、ワインの仕込みです


PA200046_convert_20151028110227.jpg
葡萄の実を取った後の山
左が赤ワイン用 右は白ワイン用の葡萄の実をとった房の滓。
こちらのフラスカティーのワイナリーは契約農家からの葡萄を集め
ワインを量産しています。


PA200044_convert_20151028105919.jpg
この中に収穫した葡萄を投入、掻き廻し、葡萄の房から丸い実だけ取ります


PA200047_convert_20151028110059.jpg
葡萄の丸い実だけが揃ってきました。
白ワインはこれをプレスしジュース状態にしてアルコール発酵に進みます
赤ワインは葡萄の絞り滓と共にアルコール発酵させます。
色、タンニンをつけるためです。


PA200011_convert_20151028105539.jpg
アッピア旧街道沿いにある広大な葡萄畑
数万年前の火山大爆発で火山灰が積もったミネラル豊富な土壌で
化学肥料は不要でオーガニックワインを造っています。
葡萄畑に栽培されているのは空豆です。雑草ではありません
雑草の繁殖を防ぐ、土壌を冬でも冷やさない
土壌深くまで寝をおろし、ミネラルを吸い上げ
葡萄に栄養を補強するという驚くべき効果があります。

ローマナビネットは イタリア各地のワイナリーへご案内します。
ローマから日帰りワイナリードライブが人気です。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する